本日から11/24までイラストレーター/版画家のSimon Fowler(サイモン・ファウラー)の個展 「SLOW PROGRESS」

FNMNLでもインタビューを行ったSimon Fowlerの個展『SLOW PROGRESS』が本日から開催。

SIMON FOWLER EXHIBITION “SLOW PROGRESS”
サイモン・ファウラー 個展 「SLOW PROGRESS」
■期間: 2016年11月9日(水) – 11月24日(木) ※火曜定休
■開場: 11:00〜20:00
■入場: 無料

 

<レセプション>
作家を交えてレセプションを行います。
どなた様もご自由に参加いただけますので作品を間近に鑑賞し、コーヒーやお酒を片手に特別な時間をお楽しみください。
■日程: 日程: 2016年11月12日(土)
■開場: 18:00〜20:00
■入場: 無料

---

次第に発展する妄想。
自身の常習性を理解することは、これまで主に用いてきた点描の技法、
そして、版画での連続的な実験によって経験する芸術的な過程の制限の探求であると同時に、テーマやモチーフをゆっくりと探求することと同義だ。
わたしは日々学んでいる。 ― Simon Fowler

SIMON FOWLER/サイモン・ファウラー
アーティスト/プリントメーカー

ロンドン出身。独学でイラストレーションと印刷を学ぶ。
2006年、日本のInoxia Recordsで働く頃から、アンダーグラウンドの音楽シーンにおいて作品を発表し始める。2007年にSunn O)))とBorisの、日本ツアーのアートワークを手がけたことにより、様々なミュージシャンやレーベルに作品提供を行うことになった。この10年間は、イラストレーションのスキルを上げることに集中し、インクを使用した手描きの作品など、ディテールに凝った作品を多く発表している。
これに相反するように、印刷の分野では様々な印刷技術を試している。
自身がHANGAと呼んでいる凸版印刷では、ヨーロッパとアジアの技術を組み合わせ、大胆な現代作品を制作している。
近年はShigeru Ishihara(DJ Scotch Egg)とSmall But Hard Recordings を始める他、ファッションの業界においても活動し、クリスチャン・ルブタンやアレキサンダー・マックイーンに作品提供をしている。

ウェブサイト

RELATED

形状を研ぎ澄ます ー Yuma Yoshimura 『beyond the shapes』

Yuma Yoshimuraは、これまでに自身が日常生活で経験する感覚を普遍的なものとして捉え、いくつかの素材と 技法を用いてモノクロームの色彩の作品を制作してきた。東京で4年ぶりに開催する本展では、一度「描くこと」と距離をおいた作家が改めて自身の原点に立ち戻り、 自分の作品においての...

6/7〜 MEGURU YAMAGUCHI EXHIBITION「イメージの力」@池ノ上QUIET NOISE arts and break

6/7から東京・池ノ上のQUIET NOISE arts and breakにて、ブルックリン在住のアーティストMEGURU YAMAGUCHIのエキシビションが行われる。初日にはキュレータを交えたレセプションも。 1.展示タイトル:MEGURU YAMAGUCHI EXHIBITION「...

テルミンからモジュラーシンセまで電子楽器100年の歴史をたどるエキシビションがベルリンで開催中

テルミンからモジュラーシンセを集めたエキシビション

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。