イギリスの議員がBBCに対して「テレビ放送の終わり、それも毎日、国歌を流しなさい」と要求。それに対してBBCがSex Pistolsバージョンの「God Save The Queen」を流す

イギリスの与党である保守党の議員がBBC 1に対して、イギリスのEU離脱を「記念する」ために、毎日一日の放送の終わりに国歌を流さなければならないという法案を提出。それに対してBBCのニュース番組はSex Pistolsの"God Save The Queen"を流した。

 

Andrew Rosindell議員はBBCに対して「BBCは恥じることなく、ブリティッシュであるべきだ。そしてEUからの独立を『イギリスの帰還』という明確なステートメントで祝うべきだ」と語った。

そして彼は、BBCが24時間放送に切り替わる深夜のタイミングで国歌を流すという法案を上程した。かつて保守党の議員が1997年に同じような法案を提出したが棄却されている。

そこでBBCのNewsnightという番組が番組の終わりにこのニュースを扱い、最後に「一日の終わりではないですが、私たちは議員の要請に喜んで従います」というコメントを残し、Sex Pistolsの"God Save The Queen"を流して視聴者とお別れした。

RELATED

議員に立候補した元ラッパーの過去のリリックが問題に

楽曲の中で政治的な主張を行うラッパーはコンシャスラッパーと呼ばれ、ヒップホップシーンに数多く存在している。しかし、もしもそのようなアーティストが政治家を目指して活動する場合、過去の楽曲の内容が問題になってしまうこともあるようだ。

YouTubeで規制されたUKドリルミュージックのビデオがアダルトサイトPornhubに投稿され始める

暴力や殺人をテーマとするギャングスタヒップホップのジャンル、UKドリルシーンのミュージックビデオ30本がYouTubeから削除されたというニュースが先日報道された。様々な動画投稿サイトで規制されたUKドリルは、代わりに規制のゆるいアダルト動画サイト『PornHub』に次々と投稿され始めたとのこと。

UKドリルのクルー1011の音楽活動が警察により実質的に禁止に追い込まれる

先日ロンドンで盛り上がりをみせているUKドリルのアーティストたちのミュージックビデオが、暴力的だとして警察の申し立てによりYouTubeから削除されたというニュースを伝えた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。