ウェブメディアFNMNLはローンチから3ヶ月を迎えました。FNMNLのミッションと取り組み

FNMNLは多くの人に支えられ10月でローンチから3ヶ月を迎えることができました。

アーティスト、レーベル運営者の方、アパレル関係者の皆さんには、情報提供やインタビュー記事などで協力してくださりまして、誠にありがとうございます。微力ながら皆様の活動のお手伝いができれば幸いです。

また、現在多数のライターや寄稿者の方に、その人にしか書くことができない記事を書いていただいたいております。そして学生ライターインターンやインターンの方にも大変尽力していただいております。

そしてもちろん読者の皆様。まだまだできて間もないメディアを何度も訪れたり、チェックしていただきまして、感謝の言葉もありません。本当にありがとうございます。皆様の期待に答えることができるよう、これからも気合を入れていきます。

cero

現在、Twitterのフォロワーが3000人を超え、毎日それ以上の人がウェブサイトを訪れてくれています。想定以上の数字に驚いていますが、みなさまの生活にうるおいを与えるような知見や情報を提供するために、これからも努力してまいります。

FNMNLは、海外の大きな潮流に目を向け、それらをいち早くキャッチアップしながら、国内外の来たるべき文化を育んでいくことを私たちのミッションとしています。

急速に流れが早くなっている国内外のトレンドをいち早く、日本語で、フレッシュなニュースとして伝え、またインタビューやレビューによって、みんなに絶対に知っておいてほしいこと、熱い想いがある人、ミュージシャン、カルチャーを取り上げていきます。

まだまだ日本で知られていないこと、けど絶対にこれからのトレンドになると確信していることがたくさんあります。世間では暗いニュースや不景気なニュースばかりですが、それ以上に国内外ではポジティブなカルチャーサイドからの動きが起こっています。私たちはそれを伝え、そしてもっともっとその動きを加速させ、「自分もやってみよう/乗ってみよう」と思う人を増やしていきます。

RAM

 

みんなに絶対に知っておいてほしいこと、熱い想いがある人、是非ご連絡下さい。FNMNLでは音楽・ファッションなどのニュースや記事を寄稿してくださるライターや学生インターンを募集しています。また持ち込み企画なども、広く募集しています。

PUSHA T

大学生の方で、音楽やファッション、それに隣接するカルチャーについて発信したいという方や将来メディアへの就職を考えている方はぜひご応募ください。専門学生や高校生、学生以外の方でも、もちろん構いません。

またライターだけでなく、これまでの既存のメディアでは出来なかった新しい企画やアイディアなども合わせて募集しています。文章以外の方法でも大丈夫です。イベント、映像、音楽、なんでも構いません。是非お話を聞かせてください。もちろん個人ではなくグループで応募していただいても結構です。

音楽やファッション、カルチャー関する企画に興味のある方はぜひアイディアをお寄せください。FNMNLで一緒に実現しましょう。

応募は http://fnmnl.tv/recruit から もしくは info@fnmnl.tv までご連絡ください。

 

FNMNL - http://fnmnl.tv/

FNMNL - Facebook

FNMNL - Twitter

RELATED

【FNMNL先行プレミア公開】BLACK SMOKERによるBerlin Atonal 2017体験ドキュメンタリー映像

Text: Yuko Asanuma 先日のBLACK SMOKER主催のBLACK GALLERYで上映された『Road To Berlin Atonal』と題されたドキュメンタリー映像のオンライン版がFNMNLで先行公開!上映イベント当日は入場制限がかかるほどの盛況ぶりだったため、見られな...

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。