VISLA MAGAZINEとFNMNLによるApple Musicのプレイリスト『New Asia』の第三弾が公開

韓国のカルチャーメディアVISLA MAGAZINEとFNMNLによるApple Musicのコラボレーションプレイリスト。様々なキュレーターのプレイリストなどが公開されてきたが、新たに『New Asia』のプレイリスト第三弾が公開となった。

『New Asia』は、VISLAとFNMNLの編集部がアジアのアーティストたちの最新リリースからピックアップしたプレイリスト。今回はDos Monos、Shin Sakiura、食品まつり a.k.a Foodman、KONA、Aseulなどの日本や韓国を中心としたアーティストの楽曲が収録されている。

Info

トラックリスト

徳澤青弦 & 林正樹 – Iambic 9 Poetry
Ranu Pani – Pitaloka
Takotsubo – Wishful Thinking
YAMP KOLT – Fuyu No Ne (feat. Karin Miyagi)
Shin Sakiura – ほんとは (feat. Kan Sano)
Aseul – Bye Bye Summer
yx silly – Color Night (feat. Lil Beamz)
Sesoneon – Go Back
SURL – Ferris Wheel
BULGOGIDISCO – Bluebird
GEZAN – Soul Material
BIM – Runnin’ (feat. kZm & SIRUP)
KONA – Tangled (feat. DUVV)
Yaeji – WAKING UP DOWN
食品まつり a.k.a Foodman – Kazunoko
アジャテ – Nchakara
Dos Monos – Rojo
Bagvs – Fazed 124
Einox – Monk
Liu Lee – Boy, Oh Boy
Menace無 – Lucky Guess
Eric.B.Jr – 悪餓鬼2
DJ L-ssyde – Pokemon Center (feat. Lunv Loyal & Yung Colty)
SANTAWORLDVIEW – S No Knee
Mountain Child – Bitter

related

Apple MusicがDJミックスに使用されている音源を特定し権利者に適切に支払いを行う新システムを開発

Apple MusicがDJミックスで使用されている楽曲の権利者を特定し、全ての権利者に直接支払いができるようにする新システムを開発した。

Apple Musicの独占企画『Home Session』が遂に日本で始動|第一弾はSIRUP

Apple Musicが昨年開始し世界各国で話題となっている独占企画『Apple Music Home Session』を、ここ日本においても本日より国内アーティストで始動。第一弾としてSIRUPが登場する。

Apple Musicが空間オーディオとロスレスオーディオへの対応を発表

Apple Musicがドルビーアトモスによる空間オーディオの導入と、ロスレスオーディオへの対応を発表した。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。