ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドをあと2作続投か?

6代目のジェームズ・ボンドを務めた俳優のダニエル・クレイグは前作『007 スペクター』でボンド役を降板するとみられていたが、ここにきてあと2作続投するという噂が流れている。

 

クレイグは『スペクター』のプロモーション期間中に、「もう一度ボンドを演じるなら、手首を切った方がいいよ」など、降板を示唆するような発言を繰り返しており、メディアやファンも『スペクター』がクレイグの最後のボンドとしての仕事だったとみていた。

しかしクレイグ自身のモチベーションが最近変わっているようで、Vultureでのインタビューでボンドについて「考える限り、世界で最高の仕事をおれはやっているんだ。このスリルを得られ続けているうちは、おれはボンドをやりたいと思っている」とコメントしている。

さらに1500万ドル(約15億円)であと2作のオファーを受けたという報道も出ており、オフィシャルには発表されていないが、クレイグがボンドを再演する可能性は高くなってきたといえそうだ。

Via HYPEBEAST

 

007 スペクター(楽天)

RELATED

DESCENDENTSの7年ぶりの来日を記念してドキュメンタリー映画『FILMAGE:THE STORY OF DESCENDENTS/ALL』の特別公開が決定

70年代末から活動を開始し、80年代のハードコア期、90年代以降のメロコア時代と40年以上に活動を続けてきたバンドDESCENDENTS/ALL。

映画『LAPSE』のSALUによる主題歌"LIGHTS"のミュージックビデオが公開

栁俊太郎​​、SUMIRE、中村ゆりからが出演する映画『LAPSE』。3篇の未来を描いた同作のSALUによる主題歌"LIGHTS"のミュージックビデオが公開された。 ミュージックビデオも映画とコラボレーションしたものとなっていて、3篇の映画とリンクするアイテムが登場する内容。 S...

スパイク・リーの最新作『ブラック・クランズマン』の予告編が公開

スパイク・リー監督の最新作で、アカデミー賞には6部門でノミネートされている『ブラック・クランズマン』の予告編が解禁となった。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。