Jay-Z所有のTidal、2015年を通して多大な損失を報告

MUSIC  2016.09.18  FNMNL編集部

Tidalの親会社であるノルウェーのテクノロジー企業Aspiroグループが、TidalをJay-Zが買収した2015年に2800万ドルの損失があったことを報告した。それは2014年に負った1040万ドルの損失の倍以上にもなる。

さらにJay-Zが彼の持ち会社であるProject Panther Bidcoを通してTidalを2015年3月に買い取ってから、支払いの滞納がおよそ100回ほど続いてるようだ。

TidalはSpotifyやApple Music同様、音楽配信サービスで高音質を売りにした会員制のサービスだ。RihannaやMadonna、Beyonceなどの多くのトップアーティストとの契約を持ち、独占配信や先行配信などもしている。通常のカスタマーは月額9.99ドルだが、プレミアム会員は月額19.99ドルと、Spotifyの倍ほどだ。

2015年にJay-Zの手に渡ってからも、6月に420万人の有料会員を取得するなどの成功は確かに見せてきたが、その後さらに多くのユーザーを獲得することに多少の壁があるようだ。

総ユーザー数にしても有料会員獲得数にしてもSpotifyやApple Musicには大きく及ばず。赤字を抱えながらも少しお高めで高級感のあるTidalがSpotifyとApple Musicの音楽ストリーミング界全面戦争に加わるにはもう少しの努力が必要のようだ。(Ibuki Kasai)

via: MailOnline

MUSIC

FASHION

CULTURE