Jay-Z所有のTidal、2015年を通して多大な損失を報告

Tidalの親会社であるノルウェーのテクノロジー企業Aspiroグループが、TidalをJay-Zが買収した2015年に2800万ドルの損失があったことを報告した。それは2014年に負った1040万ドルの損失の倍以上にもなる。

さらにJay-Zが彼の持ち会社であるProject Panther Bidcoを通してTidalを2015年3月に買い取ってから、支払いの滞納がおよそ100回ほど続いてるようだ。

TidalはSpotifyやApple Music同様、音楽配信サービスで高音質を売りにした会員制のサービスだ。RihannaやMadonna、Beyonceなどの多くのトップアーティストとの契約を持ち、独占配信や先行配信などもしている。通常のカスタマーは月額9.99ドルだが、プレミアム会員は月額19.99ドルと、Spotifyの倍ほどだ。

2015年にJay-Zの手に渡ってからも、6月に420万人の有料会員を取得するなどの成功は確かに見せてきたが、その後さらに多くのユーザーを獲得することに多少の壁があるようだ。

総ユーザー数にしても有料会員獲得数にしてもSpotifyやApple Musicには大きく及ばず。赤字を抱えながらも少しお高めで高級感のあるTidalがSpotifyとApple Musicの音楽ストリーミング界全面戦争に加わるにはもう少しの努力が必要のようだ。(Ibuki Kasai)

via: MailOnline

RELATED

Kanye Westが『The Life Of Pablo』のリリース手法をめぐりついに集団訴訟を起こされる

二年前にKanye Westがリリースしたアルバム『The Life Of Pablo』。リリース当初、このアルバムは有料ストリーミングサービス『TIDAL』でのみ配信する予定であり、販売などはしないとKanyeは公言していた。しかし後々、『The Life Of Pablo』が様々なストリーミングサービスで結局配信されたことで、ファンが激怒。昨年集団訴訟を起こすまでに至った。それから1年経った今も訴訟は取り下げられておらず、手続きは進行しているとのこと。

ミュージシャンは音楽業界全体の売り上げのうち12%を得ていることが判明 | 変わりつつある産業構造

先日、2018年上半期のアメリカにおける音楽の売り上げのうち、ヒップホップが2年連続で全体1位のシェアを獲得したことを取り上げたが、実際のところ、その売り上げはどのくらいの割合でアーティストに還元されているのだろうか?

ストリーミングで儲かるアメリカのメジャーレーベル|ユニバーサルとソニーは1時間毎に50万ドルの収益をあげていると判明

『Music Business Worldwide』がユニバーサルミュージック(UMG)とソニーミュージックの今年の上半期の決算結果を分析した。今年1月~6月の2社のストリーミングによる収入の合計は2600億円以上。計算すると1時間ごとにストリーミングだけで5500万円以上の収入を得ていることになる。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。