ÉDIFICE 渋谷でモバイル型セレクトショップ『FreshService』 の第2弾が9/17(土)よりオープン

ÉDIFICEの旗艦店ÉDIFICE 渋谷で9/17より『1LDK』などを手掛けたクリエイティブディレクター南貴之氏主宰のモバイル型セレクトショップ『FreshService』 の第2弾がオープンがしている。

南貴之

今回はFreshService×ÉDIFICEの、生地別注オンブレチェックシャツが登場。他にも架空の運送会社であるFreshServiceのユニフォームや、 身の回りのものをイメージしてデザインされたFreshService ORIGINAL PRODUCTもラインナップに加わる。

EDIFICE
FreshService×ÉDIFICE 生地別注オンブレチェックシャツ ¥21,000+tax

FreshServiceの製品は「産地や作り手の顔が見えていて大量に制作することが困難なもの」と、 「大量生産でありながらも実用性や機能性があるもの」という相反する二つの要素を軸に作られている。

これらのアイテムの他に、世界中の色々な場所で作られているもので新鮮かつ良いと思えるよう、独自の視点でセレクトし展開する。

<Info>

Edifice

『FreshService』 

【開催期間】9/17(土)~
【開催店舗】ÉDIFICE 渋谷(東京都渋谷区神宮前6-23-3)
【店舗番号】03-3400-2931
【営業時間】11:30~21:00

related

FreshServiceから夏の風物詩・蚊とり線香が登場

FreshServiceから、夏の風物詩・蚊とり線香が登場。

FreshService STOCKROOMの1周年を記念し、DESCENDANTとのポップアップを開催

南 貴之が主催する架空の運送会社をイメージしたコンセプトストアFreshServiceのプロジェクトとして、名古屋にオープンしたFreshService STOCKROOMが1周年を迎え、⻄山徹と、その妻の⻄山美希子によるブランドDESCENDANTとのコラボイベントを開催する。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。