Shintaroによる最新ルーティン動画シリーズ

2013年Red Bull Thre3Styleに初出場したShintaroは、史上最年少かつ開催国外DJ初となる世界制覇を成し遂げ、一気にその知名度を世界規模に広げた。ジャンルの枠を超えるボーダーレスな選曲とテクニカルなスクラッチで構成される彼のプレイスタイルは、ベルギー、ドイツ、オランダの主要7クラブを巡るヨーロッパツアーや台湾のビッグクラブでもオーディエンスを沸かせ続けている。

 

オリジナルなプレイでボーダーレスに活躍するShintaroが自身のFacebookページに最新のベースミュージックなどを用いたルーティン動画シリーズをアップしている。

約1か月前にアップされた『Play With Bangers』とタイトルが付けられた動画でShintaroは、RL Grimeの"Core"やOokayによる"Thief"や、Kanye WestのMercy (RL Grime & Salva Remix)、Skeptaの"Shutdown"を使用。普段クラブで間近で確かめることができない彼の緻密なテクニックと、クラブDJならではの選曲構成を楽しめる1分半の動画になっている。

 

また8月にアップされた『Practicing scratch on Sophie track』という動画で、ShintaroはSophieの"MSMSMSM"の上でストイックにスクラッチをおこなっている。

 

どちらの動画もテクニカルでありつつも、フロアでの爆発力やエンターテインメント性も意識したShintaroならではのルーティンになっている。この動画シリーズは今後も定期的にアップされる予定ということだ。

Shintaro Facebook Page : https://www.facebook.com/DJShintaroOfficial

RELATED

tofubeatsが本日リリースの"RIVER"のティザームービーを公開 | 映画『寝ても覚めても』のシーンを使用

tofubeatsが10月にリリースするニューアルバム『RUN』から、濱口竜介監督の映画『寝ても覚めても』の主題歌となっている"RIVER"を本日先行リリースした。

渋谷の街頭ビジョンを用いた『NEO SHIBUYA TV』にアート作品を紹介する番組が登場

渋谷の9機の街頭ビジョンを用いて、広告だけではない映像作品を輩出し、新たな街頭ビジョンの可能性を、創造の分野で追求するプロジェクト『NEO SHIBUYA TV』。

tofubeatsのニューアルバム『RUN』から映画『寝ても覚めても』の主題歌"RIVER"の先行リリースが発表

10/3(水)に4thアルバム『RUN』をリリースするtofubeatsが、収録曲で映画『寝ても覚めても』の主題歌である"RIVER"の先行リリースを発表した。 この楽曲は『寝ても覚めても』の濱口竜介監督の前作『ハッピーアワー』に、tofubeatsが深く感銘を受けたことが縁で書き下ろしたこれ...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。