Larry Levanと伝説のクラブParadise Garageをテーマにした映画が製作中

DJカルチャーの歴史に名を残す伝説的存在Larry Levanと、彼がレジデントをつとめていた今もなお語り継がれるクラブParadise Garageを、テーマにした映画が製作されていることがわかった。

この映画の監督をつとめるのは2014年にParadise Garageをテーマにしたショート・ドキュメンタリー『What Is The Paradise Garage?』を制作したJonathan Ullman。『What Is The Paradise Garage?』は2014年に開催された22,000人もの人をあつめたParadise Garageのトリビュートブロックパーティーの参加者にParadise Garageの思い出をインタビューするという内容。

 

現在製作中の映画はイギリス出身の俳優Kobna Holdbrook-SmithがLarry Levan役をつとめ、これまでもJonathan Ullman監督とタッグを組んできたRayniel RufinoがParadise Garageの元スタッフでトリビュートパーティーの主催者Joey Llanosを演じる。

映画の公開時期はまだ未定だが、Ullman監督は公式HPで「Larry Levanは真のパイオニアだった。彼のように尊敬されるDJは後にも先にも一握りしかいない。LarryはDJの役割をアートにまで昇華して、すべての後進のDJにその道を切り開いたんだ。(...)彼のチャンスを恐れずに挑戦をし続けたDJスタイルが、私自身を含めて世代も国を超えたファンに愛され続けているんだ」とメッセージを発表している。

RELATED

MAJOR FORCEの30周年を祝うドキュメンタリームービーが公開

9/22(土)から10月12日(金)まで都内各地やインターネット上などで開催されるRED BULLによる音楽フェス『RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018』。

トランプ大統領を標的にしたマイケル・ムーアの最新作『華氏119』の予告編が解禁

ドキュメンタリー映画監督マイケル・ムーアが、アメリカ合衆国第45代大統領 ドナルド・トランプをターゲットにした最新作『華氏119』。11/2(金)にTOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開される本作の予告編映像が公開となった。

ティム・バートンによる実写版『ダンボ』が来年公開決定

ディズニーの名作『ダンボ』を鬼才ティム・バートン監督が全く新しい映画として実写化した作品が来年3月に日本でも全国公開される。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。