カラフルで極太の糸が絡みあうニット彫刻?AKARI URAGAMIの『Transpose』展

AKARI URAGAMIは"生物としての人間"をテーマに、主にろうけつ染めなどの伝統的な手染めと綿を使ったソフトスカルプチャーを制作するアーティスト。

自由が丘のアートギャラリーKIANで開催中の個展『TRANSPOSE』で彼女は新たにニッティングという手法を取り入れた作品を展示。一見関係のない色同士の隣り合う大きな糸を編み合わせることで、一見関係のないもの同士が混ざり合って作り出す世界の二面性を表現。

AKARI URAGAMI
1989年東京生まれ。武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科 テキスタイル専攻卒業。大学卒業後アーティストとして国内外で活動中。在学中や卒業直後にはドレスや着物といった身に纏うものを制作していたが、近年では大きな布の固まりとしての作品を制作している。

AKARI URAGAMI SOLO EXHIBITION "TRANSPOSE"
会期 : 2016.7.09(SAT)-31(SUN)

開場時間 :
平日 / 13:00-20:00
土日祝 / 12:00-19:00

休廊日 : 7/11, 7/19, 7/25
入場 : 無料
会場 : KIAN art gallery
住所 : 東京都目黒区自由が丘1-3-21-2F

KIAN ART GALLERY

Facebook Event Page

RELATED

多和田有希の個展『悪魔祓い、系統樹、神経の森』がG/P galleryで開催

人間の精神的治癒のシステムをテーマに制作を行っているアーティストの多和田有希による個展『悪魔祓い、系統樹、神経の森』が、8/25(土)から東京・恵比寿G/P galleryで開催される。

2nd Functionが河野未彩をアートディレクターに迎え体験型アート展『DOLLHOUSE』を開催中

クリエイティヴ・ユニットの2nd Functionによる、体験型アート展『DOLLHOUSE』が、東京・表参道 B SPACEで8/27(月)まで開催中だ。

【プレゼント】名匠アニエス・ヴァルダとアーティストのJRの交流を描いたドキュメンタリー『顔たち、ところどころ』の試写会に5組10名様をご招待

「ヌーヴェルヴァーグの祖母」とも呼ばれる映画監督アニエス・ヴァルダと、大都市から紛争地帯などに住む人々の大きなポートレートを貼り出すアートプロジェクトで知られるアーティストのJR。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。