NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

現在NYのストリートブランド好きの間で話題になっている人物がいる。その男の名前はThe Ape、熱狂的なまでのA BATHING APEフリークだという。

ただその男が有名になったのは彼が、BAPEフリークだからというわけではない。彼は偏執的なSupreme嫌いでもあるのだ。彼はNYの路上に現れ、「Fuck Thupreme」という決まり文句とともに、他人がかぶっているSupremeの帽子をはたき落とし、バッグを蹴り上げ、挙げ句の果てにはSupremeのショップの商品をなぎ倒すなど(この後Supremeのショップには出入り禁止になっている模様)の蛮行におよんでいる。その模様が下のビデオに映されている。

 

またこのビデオを撮っているWill GunzとThe ApeはYMBapeというクルーをくんでいて、このビデオの他にもInstagramやTwitterに様々な活動の模様をアップしている。

#supremeK #banginonmychest #apelife ... Killin them all...

Drippin.inbapeさん(@ymbape)が投稿した動画 -

Good ape..funny ape...@jonahhill_ #supremek #banginonmychest

Drippin.inbapeさん(@ymbape)が投稿した動画 -

上のポストは彼の存在がかなり認知されているのがわかるし、下では俳優のジョナ・ヒルとじゃれる彼の姿が映し出されている。また彼に先制攻撃を加える人間もたまにはいるが、すぐさま彼の仲間に返り討ちにあっている動画もアップされている。

そしてBAPE好き、Supreme嫌いが高じて、メッセージTシャツやiPhoneケースなどのグッズもApe Life NYCというサイトで販売している。しかしそのデザインは当のBAPEからも怒られること確実なものになっているのでリンク先をみてほしい。

NYのSupreme好きを恐怖におとしいれる、The Apeの蛮行はいつまで続くのだろうか..

Stussy(楽天)

RELATED

Lil Yachtyが自分が持っているSupremeの服を全部売る予定

Supremeといえば、今世界で最も人気のあるブランドの1つだろう。ニューヨーク発のこのブランドはヒップホップシーンでも揺るぎない地位を確立しており、これまでにも様々なラッパーが袖を通してきた。DipsetやNotorious B.I.Gなど、ニューヨークに関わりが深いラッパーたちともコラボしている。

Supremeのフェイクショップがスペインに登場

先日も中国のアパレルブランドがSupremeとの偽コラボを発表したように、Supremeは数々の有名ブランドの中でも、フェイクの多いブランドだということは周知の事実であろう。

中国のブランドがSupremeとの偽コラボの発表式にSupreme代表として謎の俳優を雇う

Supremeといえば言わずと知れた世界的ストリートブランドであり、これまでLouis VuittonやLacosteなど様々なジャンルのブランドとコラボしてきた。だが、それと同時に数多くのフェイクが出回っているのも事実だ。

MOST POPULAR

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

H&Mが無許可のストリートアートやグラフィティは著作権法の適用外であり企業やブランドは自由に使用可能と訴訟をおこす

先日ニューヨークのグラフィティ・アーティスト21人が、グラフィティの聖地であるクイーンズ区ロングアイランドシティの倉庫ビル(通称5Pointz)の壁画の取り壊しに関する裁判に勝訴したことを、FNMNLでも伝えた。