Apple PayがついにWeb上でも

CULTURE  2016.06.14  FNMNL編集部

Apple製品をオンラインストアで購入する際にApple Payで決済可能になることが、サンフランシスコで開かれたApple Worldwide Developers Conference 2016 (WWDC) で発表された。

文 : Ibuki Kasai

Apple Payがオンライン決済を変える

Apple Payはクレジットカードまたはデビットカードの情報が登録することによってできるクレジット決済システムで、カードが使える店頭ならどこでも使用可能のAppleの提供する支払い方法だ。それが、今までは限られたiOSアプリもしくは店頭のみで使用可能だったのだが、この秋からオンライン上でも可能になるという。

何が便利かというと、iPhone、iPad、Apple Watchユーザーはウェブ上でApple Payで決済をする際、パスワードやPINコードではなく、Touch IDおよび指紋認証で支払いを決定することができる。タッチでIDが確認されたら、自動的にブラウザ内で支払いが確定される。ただ、今のところApple Payが利用できるのは、Touch IDが搭載されたiOSデバイス上に限られ、利用できるブラウザはSafariのみとなっており、他のブラウザに関してはまだ不明の状態である。

”この動きはAppleが、現在ウェブ上決済サービスのトップに立っているPayPalを確実に視野に入れていることを意味する。さらに、Apply Payでの支払いが、PayPal決済よりスムーズで簡単になるであろうことから、現在PayPalを取り入れてるほとんどのオンラインストアがApple Payをも導入することが予想される。”

iOSデバイスなら、タッチ1つでできるApple Payは、今後PayPalに並んで2大オンライン決済システムになること間違いない。

Via TechCrunch DIGITAL TRENDS

MUSIC

FASHION

CULTURE