Vetementsのデザイナーが自分のブランドの服は高すぎて買わないと述べる

現在ファッションセレブからストリートのキッズまでを魅了しているブランドといえば、Vetements(ヴェトモン)。グルジア出身のデザイナーDemna Gvasaliaによる、袖の長いパーカやオーバーサイズのコートやSnoop Doggの顔写真を使ったTシャツなどで高い人気を得ているが、そのハイプライスも常に話題に。その価格についてデザイナー自身がコメントを発表した。

デザイナーのGvasaliaは自社ブランドの価格帯について(デニムが15万円前後、パーカーが7万円前後、アウター類は15万円~)自分ではこの価格では買わない、その代わりにそのお金でバカンスに出かけるよと述べた。しかしVetementsの値段が高いことに関しては「自分たちはとても小さい会社であり、生産量について工場と調整すると、どうしてもこうなってしまう」と高額に設定されている理由も併せて述べた。そして「自分たちの究極のゴールはレザージャケットを買う余裕がない人でもトレンチは買えるようにすること」だと目標を語った。

 

@fuuuckingyoung

VETEMENTSさん(@vetements_official)が投稿した写真 -

Vetements(楽天)

RELATED

Kanye Westがバレンタインデーにサックス奏者のKenny Gによる演奏をKim Kardashianに送る

昨日はバレンタインデーだったこともあり、愛する人にプレゼントを贈ったという人も多いのではないだろうか。日本ではバレンタインデーといえば女性が男性にチョコレートを渡すというのが一般的だが、海外では男性が女性に贈り物をする日という風に定着している。Kanyeも愛する人にプレゼントを贈った男性の内の1人だ。今年、彼は妻であるKim KardashianにBabyfaceやRobin Thickeとともに楽曲をリリースしたこともあるサックス奏者Kenny Gによる演奏をプレゼントした。

Kanye WestがEMIに対して起こした訴訟の詳細が明らかに

先日、Ksnye Westがかつての所属レーベルであるEMIに対して訴訟を起こしていることを伝えたが、その訴訟の詳細が明らかとなった。

Kanye WestがRoc-A-Fella RecordsとEMIに対して訴訟を起こしたことが明らかに

現在はG.O.O.D. Musicのオーナーとして知られているKanye Westが、以前在籍いていたレーベルRoc-A-Fella RecordsとEMI April Musicに対して訴訟を起こしていることが明らかになった。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。