韓国R&Bシーンの次世代スター、Crushの新作『Interlude』がリリース

現在KPopを中心にヒップホップなどでも世界から熱い注目を浴びている韓国の音楽シーン。Soulectionなど現在のフューチャリスティックなR&Bサウンドとキャッチーなトラックの両方を武器に、今大ブレイクを果たそうとしているのが24歳のアーティスト、Crushだ。メジャーレーベルAmoeba Cultureと契約している彼が新作EP「Interlude』を5月にリリースした。

5曲入りの同作でもそのキャッチーなメロディーのセンスと、先鋭的なプロダクションをフュージョンさせたニュータイプなサウンドを披露しているが、そんな彼のインタビューがHypetrakに掲載されている。インタビュー中でCrashはネオソウルやジャズ、そしてもちろんヒップホップやR&Bの影響を受けたことを語ったり、コマーシャルな点とエクスペリメンタルな点を融合させた楽曲作りを挑戦し続けたいとの野望、今作が最もこれまでリリースしてきた作品の中でパーソナルな作品であることを述べている。

また今年はさらに国境を越えたコラボレーションを行なっていきたいということや、すでにカリフォルニアのR&BシンガーであるKehlaniや生楽器を使ったサウンドで人気の3人組Brasstracksとのコラボチューンを制作したということや現在Ta-Ku、Estaなどとコラボを行なっていることも明かした。インタビュー全文はこちら

related

KehlaniがYGと破局したことを明かす新曲“Valentine’s Day (Shameful)”をリリース

昨年9月に交際が報道され、先日のバレンタインデーにはコラボ曲“Konclusions”をリリースしていたYGとKehlani。そんな二人が、なんと既に破局を迎えていたことが明らかになった。

Kehlaniと交際中のYGが自身の浮気報道を否定

9月にKehlaniと交際している事を明らかにしたYGが、別の女性とキスしている様子が10月31日、カメラに捕らえられた。The Shade Roomによると、YGはクラブを出た後、自身の車の窓を通してある一人の女性と会話を始めたという。その後YGはドアを開けて女性を招き入れると、キス(と思われる行...

YGとKehlaniが交際していることが明らかに

“Go Loko”の大ヒットも記憶に新しいYGと、今年アルバム『While We Wait』をリリースしたKehlaniの二人が交際していることが明らかになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。