Appleが音楽ダウンロードサービスを終了させることを計画中との報道

昨日も伝えたように現在音楽を聴く主流の方法はストリーミングになってきている。日本はストリーミングサービスが出遅れた状況なので、まだ実感はないがApple Musicは開始1年で1300万人の有料会員を達成し、Spotifyは予想より早く3000万人にたどり着いた。そんな中、その流れを大きく加速しそうな噂が表面化した。

Appleの関係筋が同社の人物と「もしもというよりも、いつのタイミングでダウンAロードサービスを閉鎖するのがいいのか」という会議をおこなったという。また実際にAppleの役員も「ダウンロードサービスを永久に運営しつづけるというのは現時点では考えられていない」という発言を過去に残している。

これは具体的にAppleがダウンロードサービスの閉鎖時期を考え始めているという証であり、それには二つの要因があるとみられている。1つはストリーミングサービスが軌道に乗ったということ、もう一つは緩やかにではあるが、それに反比例してダウンロードの売り上げが減少し続けているという点だ。専門家によれば音楽ダウンロードの売り上げはピークの2012年から2019年には39億円減少して80億円を下回る見込みということだ。ただ予想より早くダウンロードの売り上げが低下していくことも十分考えられると専門家は付け加えている。
一方でストリーミングサービスは順調な伸びをみせていて、今年中には有料会員2000万人を達成する見込みで2020年にはダウンロード売り上げのピーク時の売り上げを超えるだろうといわれている。こうした見込みが現時点でたったことで、Appleがダウンロードサービスの閉鎖を現実的に考えているというのもうなずける。現時点でこの報道にAppleはなんのリアクションも示していない。

追記 5/13 10:56

Digital Music NewsによればAppleの広報担当のTom Neumayrが「ダウンロードサービスを終了させるというのは間違いだ」との連絡をよこしてきたという。ただこうした報道に対してAppleが反応をするのは極めてレアだということだ。

 

RELATED

アメリカでレコードの売上がフィジカル音源売上の3分の1を占める

近年のレコードブームの再来により、2017年にはアメリカでのレコードの総売上枚数が1991年以来最高を記録した。そして、昨年もその勢いは続いているようだ。

DJ Jazzy Jeffが「ストリーミング配信はレーベルが得をするだけ」と語る

ストリーミングサービスで音楽を聴くことが当たり前になった今日この頃。今や楽曲をストリーミング配信することに疑問を抱かないアーティストも多いが、古くから活動してきた者にとってはそうもいかないらしい。

A Boogie Wit Da Hoodieのアルバム『HOODIE SZN』が僅か823ダウンロードにも関わらず全米チャート1位に輝く

音楽を聴く手段としてストリーミングサービスを利用することが一般的になって久しい。iTunes等で楽曲を購入しダウンロードする人も少なくなって来た今日この頃だが、いよいよ音楽ダウンロード時代の終わりを予感させるニュースが飛び込んで来た。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。