エレクトロ再評価を加速させるA-Trakによるミックス第2弾が公開

5/20にPhantogramを迎えた待望のニューシングル”Parallel Lines”をリリースするFool’s GoldのボスA-Trak。先週は久しぶりの来日プレイもおこなった彼が、自身のSoundcloudで『Bloghaus Revival Pt.2 Mix』を公開した。

1弾は半年前に公開されており、BloghausとはA-Trakの定義によれば2007年〜2009年のインディーダンスチューンや歪んだサウンドのエレクトロチューンを指し、前作にはFake Bloodの“Mars”やSimian Mobile Discoの”Hustler”、Klaxonsの”Gravity’s Rainbow (Soulwax Remix Dub)”などの懐かしのヒットチューンを収録していた。早々とリリ−スされた第2弾にもMGMTの”Electric Feel (Justice Remix)”、Digitalism”Zdarlight”、Armand Van Helden”NYC Beat (MSTRKRFT Remix)”といった00年代後半の音楽ブログブームを彩った楽曲がリストに入っている。ミックスは下記の視聴プレイヤーから聞くことができる。

RELATED

A-TrakとZeddとの間でSheck Wes "Mo Bamba"を巡る論争が発生、その状況に"Mo Bamba"のプロデューサーであるTake-A-Daytripがコメント

そのあまりにユニークなバイブスで今年を代表するヒット曲の一つとなったSheck Wesの"Mo Bamba"。シンプルな構成ゆえに賛否両論のある同曲だが、そこに人気EDMプロデューサーのZeddが噛み付いた。

Nicki Minajの騒動を受けてA-Trakが売り上げや数字を重要視する風潮を批判

Nicjki Minajが、自身の最新アルバム『Queen』の売り上げがTravis Scottの『Astroworld』に敗れアルバムチャートの初登場1位を逃したことで、TwitterにてTravis ScottやSpotifyに対し怒りを向けた騒動は様々なアーティストからのリアクションが起こった。SmokepurppのようにNickiを諌める者やChance The rapperのように彼女を擁護する者がいる中、DJ/プロデューサーのA-Trakが、音楽を数字で判断する風潮を批判している。

Masayoshi IimoriがA-TrakのレーベルFool’s Goldから最新EP『Hardcore』をリリース

これまでにSkirllexやDiploなど、世界の名だたるDJやアーティストからサポートされてきた日本人アーティストMasayoshi Iimoriが、最新EP『Hardcore』をリリースした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。