ストリームの成長により、2015年の音楽産業はデジタルの売り上げが初めてフィジカルを上回る

MUSIC  2016.04.13  FNMNL編集部

世界の音楽産業団体を代表する国際レコード産業連盟(IFPI)の定例レポートによれば昨年度の音楽産業全体は収益が3.2%増加して150億ドルとなったことが明かされた。

レポートによれば昨年度はデジタルでの音楽の収益が初めてフィジカルの売り上げを上回ったとのことで、これはSpotifyやApple Musicなど定額制ストリーミングサービスの急成長が大きな要因となっている。売り上げは昨年から45.2%増加し過去5年間で4倍以上成長。デジタル領域での売り上げシェアはダウンロードの45%に対しストリーミングのシェアは45%となっていると報告している。

ただしストリーミング型モデルの問題もレポートは報告している。それはYoutubeなどの広告モデル型のサービスで定額制のストリーミングサービスの10倍以上のユーザーを抱えながらも売り上げは逆に3倍も穴をあけられていることで、これは不当なアップロードをYoutubeなどが排除しきれていないことや、レートが低く抑えられているため、レーベルが売り上げを受け取れていないとレポートは広告型のモデルを批判している。

MUSIC

FASHION

CULTURE