韓国のラップのモードを変えた、Okasianの新曲”₩alkin”が公開

現在USで活動するKeith Apeも所属する韓国のクルーThe Cohort。その中心人物がアメリカで生まれ育ち現在はソウルに活動拠点を置くOkasianだ。所属するHi-Lite Recordsのラッパーたちも韓国のラップのモードを変えたのはOkasianだと言及するほどの強い影響力をもつ、彼の新曲”₩alkin”がSoundcloudで公開された

新曲の”₩alkin”はOkasianが得意とするスローなトラップビートにローなテンションでつぶやくようにフローしていくOkasianのスタイルが楽しめるトラックとなっている。Okasianは昨年Keith Apeの”It G Ma”に参加したことでUSでも名前が知られるようになり、Keith ApeなどCohortのメンバーとUSツアーを敢行、夏には所属するHi-Lite Recordsのメンバーとして来日公演も行い、秋にはUKのロンドンでもライブを行うほど、グローバルなシーンからも注目されているラッパーの一人だ。

 

RELATED

Mariah Careyが4年ぶりのアルバム『Caution』を本日リリース | 日本盤にはKOHHが参加

女性アーティストとして世界最高のトータル・セールス2億枚を誇るMariah Careyが、4年ぶりのニューアルバム『Caution』を本日リリースした。

銀座のストリートフェスティバル『GL』が今年も開催

銀座の街に点在する個性的なバーやレストランで、HIPHOPからJAZZ、REGGAE、HOUSE、ROCKそして歌謡曲まで、豪華出演者たちの最高のパフォーマンス堪能できるフェスティバル「GL」が11月17日(土)に開催する。

タイの軍事独裁政権を批判するラップチューンのミュージックビデオが大きな話題に

Studio Voiceのアジアの音楽シーンを特集した最新号でも大きくフィーチャーされるなど、盛り上がりをみせているタイのラップシーンから飛び出した1曲のミュージックビデオが大きな話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。