Mayu Kitazawaが最近見つけた5曲 | あの人の「今」を聴く #3

カルチャーシーンを彩る様々なゲストを招き、最近の実生活の中で出会った音楽を訊いていく本企画。単に新しい音楽に触れるだけでなく、音楽というものを通して、新たな考えや、今に流れるシーンを幅広く捉えることができるはずだ。

前回の大井一彌(yahyel)に続き、今回はモデル、女優、DJとして活躍するMayu Kitazawaが最近見つけた5曲を紹介。

1. AC130 - "Xtra D"

フランスの『Griffé』というレーベルが好きで見つけました。『Griffé』はレーベルのロゴがカッコいいのと、全体的に怪しさがあるようなサウンドとスペーシーさがあるのが自分的にハマったんだと思います。この曲は浮遊感がある音にピコピコ電子音が入ってくる感じが好きです。後半からギュインってあげられるのもかなり好き。

2. Mr. Ho - "Aw shucks"

Mr. Hoは香港のプロデューサー/DJで、日本のCOWBOY FAMILY RECORDSっていう友達がいるパーティー集団、レーベルからだした曲ぽいです。(合ってるかな?笑)
Mr. Hoは周りのDJ達もよく話してるのを聞いていて曲を知ってからハマりました。来日した時も見に行ったのですが、DJプレイも私のタイプでした。曲がキャッチーなところも良いなって思います。
COWBOY FAMILYはいつもどこのクラブに音を聞きに行こうって思ってフライヤーを探した時に、COWBOY FAMILYの日だと間違いなく楽しい日になるなって思える集団です。
安定感があるのと皆パーティーへの想いが強く、お客さん達もわかっている人達が多いので平和でクラブでも嫌な思いしたことがないですね。笑
どちらも元々好きでやっぱり好きだったって感じの曲です。

3. Chaos In The CBD - "Sirena Deep"

Chaos in the CBDは元々好きでこの曲がリリースされたタイミング見つけました。
リラックスしたい時に聴くことが多いので家で聞くことが多いです。
私が昔サックスをやっていたこともあり、楽器が入ってくるサウンドが好きです。
特に笛系のサウンドが、踊っている時に抜ける感じがあり聴いていて心地良いのでアガります。
この曲はまさにそういった感じの曲になっているので見つけた時「私の好きな感じだな〜」となりました。ガツガツした楽曲も好きですが緩やかなハウスももすごく好きです。

4. Miguel - "Pussy is mine"

私の彼氏JEYがカバーしたのをインスタグラムにアップしてて興味を持ちました。(笑)
私はハウスやテクノばかり聴いていて、彼はジャズやR&Bをよく知っています。
R&Bをあまり通らずにいたので、聴いた時原曲なんだ?ってすぐになりました。
歌声がすごく綺麗でこういった曲ももっと知りたいと新しいジャンルに興味を持たせてもらえることは嬉しいです。
基本どんなジャンルも偏見なく好きなんですけど、興味を持つまでのきっかけやタイミングってあると思ってて、この曲は何かすごく惹かれるものがありました。
ダンスミュージックを聴いていると音ばかりで歌詞に着目あまりしないのですが、改めて歌詞の意味を知ったりするのも良いなとなれた曲です。
素敵な言葉とか好きなので。(笑)

5. AK Akemi Kakihara - "say that you love me(FK-EK japanese vocal mix)"

これは最近というかずっと好きな曲なんですけど、歌詞が切な可愛くて好きです。
「愛してると聞かせて」ってワードが気に入っています。
一時期日本語のhouse mixとかないかなって探してた時に見つけたと思います。
日本語の曲だと歌詞がどうしても頭に入ってくるので感情移入できる可愛い曲だなって思いました。それなのにハウスで更に好きってのもあります笑
私の中でお気に入りの曲になるときは、自分の好きなパーツが一致した時、特別感を感じてお気に入りになります。見つけた時それにガッツリ当てはまってしまった感覚になりました。
これから先もずっと好きだと思います。

過去回はこちら

Info

Mayu Kitazawa

Instagram
X
YouTube

Mayu Kitazawa
モデル。1999年生まれ。名古屋出身。
日本と韓国を行き来しながらモデル業をつとめる。その傍ら、DJとしても活躍中。


RELATED

Stones Taroが最近見つけた5曲 | あの人の「今」を聴く #4

カルチャーシーンを彩る様々なゲストを招き、最近の実生活の中で出会った音楽を訊いていく本企画。単に新しい音楽に触れるだけでなく、音楽というものを通して、新たな考えや、今に流れるシーンを幅広く捉えることができるはずだ。 前回のMayu Kitazawaに続き、今回はプロデューサー、DJとして活躍...

大井一彌(yahyel)が最近見つけた5曲 | あの人の「今」を聴く #2

fnmnlがカルチャーシーンで活躍するアーティスト達に最近見つけた曲を訊いていく本企画。 2回目となる今回は、大井一彌(yahyel)が最近見つけた5曲を紹介。

Skaaiが最近見つけた5曲 | あの人の「今」を聴く #1

カルチャーシーンで活躍するゲストを招き、最近の実生活の中で出会った音楽を訊いていく新企画。記念すべき初回は、アーティスト・Skaaiが最近見つけた5曲を紹介。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。