CreativeDrugStoreの10周年を記念したBoTTとのコラボレーション | LOOKにはBIMとななまがりの森下が登場

CreativeDrugStoreの10周年を記念して親交の深いBoTTとのコラボレーションコレクションが発売される。

アニバーサリーイヤーに様々なコラボレーションを展開してきたCreativeDrugStoreとBoTTのコラボレーションは2020年以来。CreativeDrugStoreの定番アイテムである「Square Logo Hoodie」や、BoTTで2020AWシーズンに展開し話題となっ た「Box Flannel L/S Shirt」がラインアップ。その他にも、双方のロゴを用いた「C Logo Cap」や「Square Ashtray」といったアイテムを展開している。

また、LOOKにはCreativeDrugStoreのメンバーであるBIMとななまがりの森下を起用した。

related

BoTTの2022 FALL&WINTER COLLECTION

ストリートウェアレーベルのBoTTの2022 FALL&WINTER COLLECTIONの展開がスタートした。

CreativeDrugStoreの10周年を記念したDiaspora skateboardsとのコラボコレクションが発売

今年10周年を迎えたCreativeDrugStoreが、Diaspora skateboardsとのコラボレーションコレクションを8/13(土)に発売する。

BoTTがbalとのコラボレーションで永井博のアートワークを用いたTシャツを発売 | 代官山蔦屋書店でのPOP UPも開催

ユースから注目を集めるBoTTがモダンカジュアルウエアとグラフィックを提案するbalとのコラボレーションで、アーティスト永井博のアートワークを用いたTシャツを発売する。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。