鈴木親の写真展『体(たい)と用(ゆう)』がflotsam booksで開催中

東京・代田橋のflotsam booksで写真家の鈴木親による写真展『体(たい)と用(ゆう)』が、4/24(日)まで開催中だ。

鈴木親は独自の立ち位置でエディトリアルやファッションフォトの最前線で表現し続けている日本を代表するフォトグラファー。

今回の展示では、ファッション写真やギャラリーなどで のコンセプトのある展示とはまた違う、エディトリアルとスナップの間、パーソナルな写真とファッションフォトの間に位置するような軽やかで遊び心のある作品が並ぶ。

「データが印画紙の代わりに写真と呼ばれるようになったのはいつからだろうか。iPhone登場以前のカメラ機能の付いた携帯電話の登場で写真がデータとして頭の上を飛ぶようになったのが 始まりだろうか。それ以前は必ず撮影したものは紙と一体になって写真と呼ばれてた。プリントの見本として焼かれたサービスプリントを整理している時にそんなことを考えながら、flotsamの展示を決めた。 世界堂やIKEAの安い額装だが、紙の写真として額が付くことで廉価版として扱われたサービスプリントが 本来の写真らしくなった。映画の登場からずっと終わったと言われてきた写真だが、立場を変えしぶとく生き残ってこれたのは紙という物質化したことで多少の永遠性を手に入れたからかもしれない。」鈴木親

Info

会期: 2022/4/15(金)- 4月24日(日) 14:00-20:00 水曜日定休


会場: flotsam books

住所: 東京都杉並区和泉1-10-7 〈新型コロナウイルス感染拡大及び拡散防止対策〉

ご来場の際は、マスクの着用及びご来場時の手指の消毒にご協力をお願いいたします。 会場内混雑の場合は、入店をお待ちいただく場合がございます

related

cherry chill will.の写真展『ALL I NEED IS ONE MOMENNT』が原宿で今週末まで開催中

cherry chill will.が開催してきた写真展『ALL I NEED IS ONE MOMENNT』の東京版が今週末3/6(日)まで、原宿SORToneで開催中だ。

夢一平による写真展『DREAMS AND DAYS』がflotsam booksで開催

写真家の夢一平による写真展『DREAMS AND DAYS』が、1/27(金)から代田橋のflotsam booksで開催される。

NY在住の写真家・廣永竜太がメキシコシティーへの旅を記録した写真集『OBREGÓN CIUDAD DE MÉXICO』を記念した展示を開催 | マーチャンダイズも発売

NYを拠点にする日本人写真家の廣永竜太が、今年1月から1ヶ月間訪れたメキシコシティーの旅の軌跡を記録した写真集『OBREGÓN CIUDAD DE MÉXICO』を発表する。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。