Skaaiが2ndシングル“Nectar.”をリリース

昨年はAbemaTV『ラップスタア誕生 2021』への出演で話題を呼び1stシングル“period.”も高い評価を得たアーティストSkaaiが2ndシングル“Nectar.”をリリースした。

“Nectar.”は1stシングル“period.”の連作としての側面を持つ楽曲。アーティスト自身に向けられる期待や脚光を批判的に捉え、自問自答する様を表している。

ビートは前作と同様uinが担当。複雑かつ柔軟に変化するビートの上で、アーティストの内面で渦巻く歓喜と疑心、甘美と暴力の対比が感じられる楽曲に仕上がっている。

Info

楽曲タイトル:Nectar.

リンク:https://linkco.re/aSfv5G7d

RELATED

JOHNNIE WALKERによる『THE WALKERS IN TOWN 2024』にJJJ、NEIなどがライブで、DJでVaVa、Skaai & uin、セク山などの出演が決定

4月に開催されるジョニーウォーカーのカルチャーイベント『THE WALKERS IN TOWN 2024 presented by JOHNNIE WALKER』の追加出演者が発表となった。

【レポート】BE FES!! 2024 KICK OFF PARTY @ WWW | Skaai・鈴木真海子・CFN MALIK

去る2月16日(金)、華金で賑わう東京・渋谷にてBEAMSが主催する音楽イベント『BE FES!! 2024 KICK OFF PARTY』がWWWとWWW Xの2会場で開催された。

【インタビュー】Skaai 『WE’LL DIE THIS WAY』| 矛盾を引き受けて一新する

昨年9月に発表されたSkaaiによるデビューEP『BEANIE』は事件であった。キャラクター、スキル、そのすべてで新鋭らしからぬ異彩を放ち、瞬く間にスターダムを駆け上がった彼による最新作は前作同様6曲収録のEP『WE’LL DIE THIS WAY』。前作のメインプロデューサー、uinをはじめ、Q...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。