Gallery COMMONが神宮前に移転オープン|こけら落としに河村康輔の個展『TRY SOMETHING BETTER』が開催

Gallery COMMONが渋谷区神宮前のスペースに移転し、リニューアルオープン。オープニングに合わせ河村康輔による個展『TRY SOMETHING BETTER』が、11月20日(土)から12月19日(日)まで開催される 。

こけら落としとなる本展は、河村康輔の代表的な「シュレッダー・コラージュ」シリーズの黒と銀を基調とした新作をはじめ、マルチキャンバスの大作シリーズを発表。シュレッダー・コラージュの展示数としては過去最大となる。

河村康輔

アート、グラフィックデザイン、ファッションの境界を曖昧にしながらも、カテゴリーをシームレスに行き来し、目まぐるしい文化の中に定義を超えて自身の活動を侵食させる河村康輔。

一般的に芸術的価値を見出されず、見過ごされるような素材を選び、光を当てることで、新しい価値観を生み出したい。そして、ライブ感を大切にしている。それは影響を受けてきた音楽やカルチャー(70~90年代のパンクロック、ヒップホップ、スケートカルチャーなど)から学び、今の自分自身を形成してきた。

河村康輔

そう作家自身が話すように、彼の作品の核となるのは、身の回りのメディアに対する彼の「ライブ感」にある。彼は制作時に有名な写真や評価されているものはあえて避けて、旅行パンフレットやアダルト雑誌など、自然に日常で出会う芸術的価値の低いアナログメディアを集め、当初はPhotoshopやIllustratorを使って制作していたところを、現在は手やシュレッダーで裁断しコラージュ作品を制作。ビジュアルアートの錬金術とも例えられるそのスタイルは、常にその手法が持つポテンシャルの可能性を積極的に見出し続け、近年国内外から多大な注目を集めている。

本展覧会も同様に、主にアナログな手法で制作されたアートピースが並び、コラボレーションやコミッションワークで重視されるデジタルでの再現性とは対照的に、芸術作品ならではの立体感や独自性が強調されている。彼のアナログ的な手法により生み出された作品は、表現に彫刻的な側面を与え、鑑賞者が作品や展示空間の物理的な存在を意識させてくれる。

Info

河村康輔 - 『TRY SOMETHING BETTER』

期間:2021年11月20日(土)〜12月19日(日)

開廊時間:12:00-19:00(水~日) *月、火 休廊

国や自治体の要請等により、 日程や内容が変更になる可能性があります。

Gallery COMMON / 03-6427-3827

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-39-6 B1F

www.gallerycommon.com

related

型破りなアートショー『MAZEUM』が12月に開催 | 河村康輔、KILLER-BONG、TENTENKO、伊東篤宏などが参加

型破りなアートと音楽の迷宮『MAZEUM』が東京ドイツ文化センターに年末の3日間だけ出現する。

ジョージ・A・ロメロ監督の幻の未発表映画『アミューズメント・パーク』が日本公開|河村康輔デザインによるTシャツが発売

『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(1968)『ゾンビ』(1978)などゾンビ映画の第一人者であり、2017年に他界した故ジョージ・A・ロメロ監督が1973年に手掛けた幻の未発表映画『アミューズメント・パーク』が半世紀を経て日本初公開される。

BEAMS Tが20周年記念し合同アートショーを開催|長場雄、花井祐介、河村康輔、ナイジェルグラフ、UND、HIROTTON、Yabiku Henrique Yudiなどが参加

2001年に「ART FOR EVERYDAY」をテーマに掲げ誕生したTシャツ専門のレーベル BEAMS Tが、今年で20周年を迎える。その周年を記念し、ビー ムスT 原宿にて記念イベントを開催する。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。