Red Bullのサイファー企画『RASEN』の第9弾に鎮座DOPENESS、Moment Joon、仙人掌、SPARTAが登場 | ビートはSTUTS

Red Bullによるジャパニーズ・ヒップホップ専門のYouTubeチャンネル「レッドブルマイク」で人気サイファー企画「RASEN」の最新回#9が公開となった。

第9弾では最近ではFNCYとしての活動やフリースタイルバトルにも復帰するなどますます変幻自在な活動を続ける鎮座DOPENESS、移民ラッパーという視点で制作されたアルバム『Passport & Garcon』も大きな話題になった韓国出身のMoment Joon、MONJUのメンバーでもあり、ストリートに根ざした詩情をスピットする唯一無二のMC・仙人掌、スケーターとしてのキャリアを持ち共に東京で暮らす家族などを主要なテーマにした楽曲を制作しているSPARTAの4名が登場。ビートは数々のヒット曲をもち、現在放送中のドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』の主題歌も大きな話題となっているSTUTSが制作した。

related

鎮座DOPENESSとGuruConnectの共作シングル“メメントモリ”がリリース

鎮座DOPENESSとGuruConnectが、コラボシングル“メメントモリ”をリリースした。

LIBROのニューアルバム『なおらい』から鎮座DOPENESSを迎えた"ヤッホー"のミュージックビデオが公開

LIBROが昨年発表したニューアルバム『なおらい』から、客演に鎮座DOPENESSを迎えた"ヤッホー"のミュージックビデオを公開した。

butajiの『RIGHT TIME』のリリース記念ライブから"I'm here feat. STUTS"のライブムービーが公開

10月にリリースしたニューアルバム『RIGHT TIME』のリリース記念ライブから、"I'm here feat. STUTS"のライブ動画が公開された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。