PHINGERINが21SSパジャマコレクションをローンチ

PHINGERINが、毎シーズンの定番であるパジャマの21SSコレクションをローンチした。

シーズンレスに着られるワンピース型の「SLEEPER」、セパレート型の「NIGHT SHIRT」、「NIGHT PANTS」というシグネチャーの3型に加えて、ミッドサマーのためのパジャマシリーズ、ショートスリーブの「PAJALOPHA」、ショーツ型の「PAJALOPHA SHORTS」が新しく展開。気持ちの良いディテールはそのままに、開襟の仕様で楽しめるアロハシャツ型と、サイズフリーのショーツ型の新定番となる。またPAJAROPHAの第2ボタンには、オリジナルのハート型の蓄光ボタンが取り付けられている。

さらに、ユニークで楽しい柄のプリントガーゼも展開。バンデージをハンドドローイングのしたような「C.MUMMY」柄、ストライプからリゾートが覗く「ISLE VIEW」柄、カラフルなゴルフボールがアンティーク調に配置された「GOLF DOT」柄、クラシックなカモフラージュ柄をシュレッドして組み合わせた「USK CAMO」柄、静かな夜の森のような深みのある「NIGHT FORREST」柄の5種類となる。定番となっているワッフル素材も、スタンダードな「BLACK WATCH」柄に加えて、新しく「BLUE TARTAN」柄が追加されている。

またコレクションの発表に合わせ、「どこでも誰でも楽しく気持ちよく着られるパジャマ、各々の場面と時間に寄り添うパジャマ」をイメージしたビデオも制作。「ボタンサービス」を黙々と行うデザイナーの小林資幸も登場し、パラレルなストーリーが静かに映されている。撮影はCassandre Lafon(Floregraphies, Paris)、 サウンドはTJM(Vancouver)が担当しており、コレクションルックともコントラストのある雰囲気で、違う角度からの魅力が伝わる映像に仕上がっている。

Info

Model : PHINGERIN 21SS PAJAMA COLLECTION

Price :<SLEEPER> in PRINT GAUZE, SMOOTH WAFFLE¥34,000

<NIGHT SHIRT>  in PRINT GAUZE, SMOOTH WAFFLE¥24,000

<NIGHT PANTS>  in PRINT GAUZE, SMOOTH WAFFLE¥20,000

<PAJALOPHA>  in PRINT GAUZE¥18,000

<PAJALOPHA SHORTS>  in PRINT GAUZE¥14,000

Size Range : XS ~ XL (PAJALOPHA SHORTSはフリーサイズ展開)

Material : 綿 100%

Made in :日本製

各取り扱い店舗及びPHINGERIN STORE ONLINEにて5/5頃より発売

https://phingerin.com/collection/season/ss21-pj

PHINGERIN SS21 PJ Collection “rring”
With:Beverley Curran

Tomoyuki Kobayashi

Suwa Kobayashi

Andry Adolphe 

Direction and Image: Cassandre Lafon (kc) 

Sound: TJM 

Color Grading: Lou Occelli

Thank You  :Yo Ota

Hayato Yamazumi

Togen Tokyo Laboratory

Map Rental

related

【特集】音楽好きのための今季注目のTシャツ15選

本特集では、今シーズン発売で何かしらの音楽ネタを引用したTシャツを集め、注目のアイテムをピックアップしている。デザインの背景を知ることで、よりお気に入りの一着になるはず。これからのTシャツ選びの参考にして欲しい。

PHINGERINが2021-2022 AWシーズンのLOOKを公開

PHINGERINが’21-22 AUTUMN/WINTERシーズンのコレクションLOOKを公開した。

PHINGERINがイギリスのシューズメーカーGEORGE COXとの共同制作モデル「TIME MACHINE LOAFER」を発表

PHINGERINがイギリスの伝統的なシューズメーカー、GERORGE COXのチェーンローファーを自由にデザインした共同制作モデル「TIME MACHINE」を発表した。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。