PHINGERINがイギリスのシューズメーカーGEORGE COXとの共同制作モデル「TIME MACHINE LOAFER」を発表

PHINGERINがイギリスの伝統的なシューズメーカー、GERORGE COXのチェーンローファーを自由にデザインした共同制作モデル「TIME MACHINE」を発表した。

ワントーンに統一されたベージュに、サイドがPVCでシースルーになったレザーレスのローファー。ここでの「レザーレス」とは、皮革を完全にボイコットするのではなく、ケアをする事で永続的に長持ちするという皮革の持つサスティナビリティを認め、それを最大限に活かすようなデザインをする事で皮革の使用量を減らすという、地に足のついた、実践・継続しやすいアクションのことを指している。

ソールは分厚すぎないものがチョイスされ、ラバーソールを普段履かない方も日常的に履きやすいフォルムに仕上がっている。サイドのPVCは2枚の組み合わせとなり、左足の外側にはゴールドの折り鶴がシールドされている。

こちらは丁寧にケアする事で長く履く事が可能だが、PVCが朽ちるまで履き込んだ際には、折り鶴を切り出して傍に置く事で、それらの背景にあるイメージを呼び起こすタイムマシンとしての機能を果たす。シューズの形がなくなったときも更に長く楽しむ事のできるスペシャルな一足だ。

Info

Model : "TIME MACHINE LOAFER" made by GEORGE COX

Price : ¥68,000(+TAX)

Color : Beige

Size Range : UK6 ~ UK11 (0.5サイズ毎に展開)

Material : 牛革、PVC

Made in :英国製  

3/30日発売

related

GEORGE COX × UNDERCOVERのコラボショーズが発売

GEORGE COX × UNDERCOVERのコラボショーズ3型が、UNDERCOVER NOISE LAB 渋谷パルコとUNDERCOVER 心斎橋パルコにてり先行発売中、3月6日 ( 土 ) からはアンダーカバー各店と公式オンラインストアでも発売開始される。 コラボレーションシューズ3...

PHINGERINが2021 SSのLOOKを公開 | テーマは「裸の庭」

PHINGERINが2021 SSのLOOKを公開した。 LOOKのテーマは「裸の庭」。柄本時生をモデルにホームガーデンで撮影され、オーガニックなイメージと、ミニマルなモダンさとどちらも感じるようなイメージのコレクションとなっている。 ボートネックのフライトジャケットやシースルーのコー...

PHINGERINの新アイテム「マスクケーブル」が大好評で全国展開をスタート

PHINGERINは3月にオリジナルのパジャマの残生地を使ってマスクを制作、自身のオンラインショップで販売し大きな反響があった。これは元々秋冬で展開する予定のアイテムだったが、新型コロナウイルスの感染状況もあり、急遽販売したものだった。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。