PHINGERINが2021-2022 AWシーズンのLOOKを公開

PHINGERINが’21-22 AUTUMN/WINTERシーズンのコレクションLOOKを公開した。

今回のLOOKは2021 SSシーズンに引き続き柄本時生がモデルを務め、撮影はTeppei Hoshida、スタイリングはTEPPEI、ヘアメイクはTaro Yoshidaが手掛けた。

特殊な技法を使用し、近い過去と現在が同時に現れるようなイメージをアナログで表現し、質感の引き立つLOOKに仕上げられている。

今回のコレクションは、LOOKと同様に質感がキーとなったコレクション。染めでしか出せないような色味や、洗いなど、ナチュラルさとモダンさが幅広い質感で表現されている。ハンドステッチの様な織り生地や、ダブルフェイスのウール生地、シンプルながらこだわった生地を染めや様々な技法でアップサイクル。バッグになるジャケットなど、ギミックの楽しいアイテムも引き続き楽しめる。

繊細なスカジャンやオリジナルのアンティークニット編み、スーツ生地のボンテージセットアップ、オリジナルのボーダーやネル素材のウィンターパジャマシリーズといった継続品番もアップデートを重ね、秋冬ながら気持ちの良い、それでいてリアルに着られるバランスの良いコレクションに仕上がっている。

Info

21-22AW COLLECTION LOOK

https://phingerin.com/collection/season/aw21-22

Model: Tokio Emoto

Photo: Teppei Hoshida (https://www.teppeihoshida.com )

Styling: TEPPEI ( http://www.st-teppei.com/ )

Hair : Taro Yoshida (https://www.taro-yoshida.com )

related

PHINGERINが21SSパジャマコレクションをローンチ

PHINGERINが、毎シーズンの定番であるパジャマの21SSコレクションをローンチした。

PHINGERINがイギリスのシューズメーカーGEORGE COXとの共同制作モデル「TIME MACHINE LOAFER」を発表

PHINGERINがイギリスの伝統的なシューズメーカー、GERORGE COXのチェーンローファーを自由にデザインした共同制作モデル「TIME MACHINE」を発表した。

PHINGERINが2021 SSのLOOKを公開 | テーマは「裸の庭」

PHINGERINが2021 SSのLOOKを公開した。 LOOKのテーマは「裸の庭」。柄本時生をモデルにホームガーデンで撮影され、オーガニックなイメージと、ミニマルなモダンさとどちらも感じるようなイメージのコレクションとなっている。 ボートネックのフライトジャケットやシースルーのコー...

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。