デザインユニットTHE モンゴリアンチョップスによるフィッシングラインTASFのブラックバス愛にmaster-pieceが本気で応えたコラボアイテムが登場

大阪の新世界を拠点に活動するデザインユニットTHE モンゴリアンチョップスによる、釣り好きのためのライン TASF(Tool Assist Super Fishing=超釣支援道具)と、master-pieceのコラボレーションアイテムが4月23日(金)に発売される。

当コラボは、ブラックバスフィッシングとストリートの融合をコンセプトに活動する彼らのブラックバスへの愛に、master-pieceが本気で応えたカプセルコレクションである。

BASS BAG(02612)
PRICE:¥15,400 (tax in)
COLOR:BLACK
SIZE:W500 H250 mm

50cmのランカーサイズのブラックバスをそのままクラッチバッグで再現。脱着可能なストラップを取り付けることによりショルダーバッグとしても使用可能で、何ともアイキャッチーなアイテムだ。 また、口元と背びれ前後に3箇所のループがついているので、タテやヨコといった違うニュアンスで使い分けられる。装には鍵等の小物を収納するのに便利なフックつき。ヒレの部分は全てレザーを使用している。

BASS POUCH(02613)
PRICE:¥6,160 (tax in)
COLOR:BLACK
SIZE:W150 H75 mm

BASS BAG のサイズ感をちょうど半分にしたキーパーサイズのポーチ。ペンや小物の収納に適しており、口元についたカラビナでバッグに取り付ける事も可能。ヒレの部分は全てレザーを使用している。

バスフィッシング時での機能性を追求したショルダーバッグ。市販のタックルボックスに丁度い いサイズ感で、ギアの出し入れがしやすい正方形のフォルムに。ショルダーベルトの一部に高密度ナイロンコードを採用し、ラインカッターやコンパクトツールなど結んで取り付けることも可能だ。また、本体フロントにはループ状に配したテープにもコードリールや水温計など取り付けて自分使用にカスタムできる。カットしたラインを収納しやすい背面ポケットが付いていて便利。

タックル交換の際に取り回しがしやすいワンショルダー。サイドに設けたデュアルファスナーを開けることで、メイン収納に入れた道具をダイレクトにアクセスが可能。またメイン収納は 用途に合わせて仕切りで上下にセパレートでき、上部は着替えやレインウエアー、下部はルアーなどにと使い分けることができる。またカットしたラインやゴミなどを入れやすく返しの ついた背面ポケットや、ワンタッチで脱着が可能なマグネットバックルやサイズ感など、バスフィッシングで使うことを前提に機能性を落とし込んでいる。タックルバッグらしくないシンプルなデザインに仕上げることで、ストリートで浮くことなく普段使いにもぴったりなアイテムに仕上がった。

Info

コラボレーションWEBサイト:https://master-piece.co.jp/tasf/

www.master-piece.co.jp

お問い合わせ先

MSPC株式会社 / 06-6265-2677

related

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。