master-pieceが2021 AWのLOOKを公開

master-pieceより、2021 AWコレクションのLOOKが公開となった。

今シーズンは、master-pieceのコンセプトである「ファッション性と機能性を融合させた機能美」を追求したコレクション。持てる技術を全て注ぎ込んだ定番シリーズpotentialのアップデートや、フロントパックと銘打った前持ち専用バッグの新シリーズface。機能面ではバックパックを中心に新開発された荷重を軽減するシステムm-strapを搭載するなど充実のラインナップとなっている。

PRIME CASUAL

NEO WORK

アイテムは9月以降順次リリース予定だ。(一部シリーズのみ先行発売)

Info

https://master-piece.co.jp/

related

Goldwinが2021 AWコレクションのLOOKを公開

Goldwinが2021 AWコレクションのLOOKを公開した。 本コレクションは、「着たまま行動し続ける快適性」を実現する防水通気素材「PERTEX® SHIELDAIR」や、 耐久性としなやかさを持ち、着心地が軽やかで体の動きになじむ「GORE-TEX products」の 3層...

Tokyo Young VisionがUNDEFEATED JPN LineのLOOKに登場

昨シーズンよりスタートした UNDEFEATED JAPAN 監修によるオリジナルプロダクUNDEFEATED JPN Lineより、2021年の新作が登場。

WACKO MARIA 2021FW COLLECTIONのLOOKBOOKが公開

WACKO MARIAが2021FW COLLECTIONのLOOKBOOKを公開した。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。