NIKEからハンズフリーで使える画期的なシューズ『GO FLYEASE』が登場

NIKEから誰でも着脱が簡単なシューズという画期的な機能を持った『GO FLYEASE』が発表された。

NIKEでは、これまでも「FLYEASE」という紐を結ばずに履くことができるシューズを作ってきたが、『GO FLYEASE』はそれの進化版。

『GO FLYEASE』は、ハンズフリーで使えるシューズの創作という大きな目標のために、NIKEのデザイン、イノベーションとエンジニアリングが結集して開発されたシューズ。シューズのスムーズな動作を可能にするのが、開口部を大きく開いた時も閉めた時にもシューズを安定した状態に保つことができる、双安定性ヒンジの存在だ。

またもう一つの特徴的なディテールであるナイキ ゴー フライイーズ テンショナー(張力調整装置)も機能しており、これのおかげで足だけでシューズを脱ぐという動作がさらに楽に、これまでとは全く異なる形でできるようになっている。

これまでも「FLYEASE」の技術はバスケットボール、ランニング、スポーツウェアなど、様々なフットウェアに採用されてきたが、今回の『GO FLYEASE』は「改良とは一時的な通過点 (BETTER IS TEMPORARY)」という意識づけを象徴している。

車いすフェンシングチャンピオンのべべ・ヴィオや、通学路を急ぐ学生、子供や荷物で両手 を塞がれた母親まで、様々な利用者のできるだけ幅広く活動的なライフスタイルに対応するということを目標に開発された『GO FLYEASE』。ヴィオは「いつもはシューズを履くのにとても時間がかかります。ナイキ ゴー フライイーズがあれば、 足を入れて、その上に体重をかけるだけで大丈夫。これは障がいのあるアスリートに限らず、あらゆる人のリアルな生活にも活用で きる新しいテクノロジーです。」と話している。

この画期的なシューズは2/15(月)より一部のナイキ メンバーに招待制で発売を開始し、2021年後半に一般販売予定だ。

Info

NIKE カスタマーサービス TEL: 0120.6453.77

related

NIKEからリサイクル素材を用いた初のバスケットボールシューズ『COSMIC UNITY』が登場

「Move to Zero」を掲げ炭素排出ゼロ、排気量排出ゼロを目指す取り組みを実施してサステナブルなシューズを展開しているNIKEから、重量換算で少なくとも25%以上リサイクル素材を用いた初のバスケットボールシューズ『COSMIC UNITY』が登場した。

NIKEより架空のバスケットボールチームをイメージした『RAYGUNS COLLECTION』がUNDEFEATEDにて発売

アメリカ・ロサンゼルス発のスニーカーブティックであるUNDEFEATEDにて、これまでに DUNK SBとのコラボレーションモデルを展開し、熱狂的な支持を集めてきたNIKEが送る『ROSWELL RAYGUNS』シリーズのニューコレクションを2月 11日(木)から発売される。

StüssyとNIKEのコラボレーションで手染めのAIR FORCE 1が登場

常に高い注目を集めているStüssyとNIKEのコラボレーションで、新たに手染めのAIR FORCE 1が登場する。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。