BEST BUY 2020 Selected by Mars89

全世界がコロナ禍に揺れた2020年も、いよいよ年の瀬。今年は皆さんにとってどんな一年になっただろうか。恒例のFNMNLの年末企画も激動の年の瀬にスタート。

例年その年の印象的だった出来事を様々なアーティストに訊いてきた本企画。今回は『BEST BUY 2020』と銘打ち、今年購入した中で最も気に入っているアイテムを、印象的な活動を見せたアーティストやDJ、デザイナーたちに紹介してもらった。今年はこれまで通りの買い物も難しかったが、是非とも来年以降の買い物の参考にしてみて欲しい。

東京を拠点に活動をするDJ・プロデューサーでブリストルを拠点とするラジオ局Noods Radioでのレジデントをはじめ、田名網敬一のドキュメンタリーフィルム、Louis VuittonやAdidasの広告映像、豊田利晃監督の映画『破壊の日』の楽曲を手がけるMars89のベストバイは?

BEST BUY 2020 Selected by Mars89

『La Haine』『The Fall』『Purple Rain』のDVD

コメント

ほぼ毎日一本は映画を見るような生活でNetflixやAmazon Prime videoのヘビーユーザーなんですが、やっぱり好きな映画は好きな時に見たいし、急に配信から消えたり大人の都合などで見れなくなったりすることもあるので、All Time Favouriteな作品はDVDで買って所有したいなと思って買いました。『La Haine』と『The Fall』は絶版らしく、長い間買おう買おうと思っていてようやく買えました。今年は東京都現代美術館での石岡瑛子の展示やCarhartt WIPがLa Haineコラボを出したりがあったので、それで探す人が増える前に手に入れられて良かったです。『Purple Rain』は全然絶版とかじゃ無いと思いますがめちゃくちゃ好きな映画なので、そのDVDが家にあるだけで気分が上がります。

2020年印象的だったこと

今年の頭にWWW Xで行った自身のアルバムのリリースパーティー。純粋に自分が好きなDJを呼んで、真っ暗なフロアでみんなのDJを聞けたのは最高でした。

告知

年内にもっといろいろリリースする予定でしたが間に合いませんでした。その分2021年に色々出ます!(たぶん)

Mars89

現在東京を拠点に活動しているDJ/Composer。 2018年にBokeh Versionsからリリースされた12インチ”End Of The Death”は、主要メディアで高く評価され、あらゆるラジオで繰り返しプレイされた。翌年にはUNDERCOVER 2019A/WのShowの音楽を手がけ、同年末その音源とThom YorkeらによるRemixをコンパイルし、UNDERCOVER RECORDSより12インチでリリース。田名網敬一のドキュメンタリーフィルム、Louis VuittonやAdidasの広告映像、豊田利晃監督の映画『破壊の日』の楽曲を手がける。 Bristol拠点のラジオ局Noods Radioではレジデントをつとめている

related

BEST BUY 2020 Selected by ANI(スチャダラパー)

今回は昨年デビュー30周年を迎えたスチャダラパーからANIが登場。

BEST BUY 2020 Selected by ISSUGI

今回はMONJU、SICKTEAMのメンバーであり16FLIP名義でビートメイカーとしても活動、昨年は自身のアルバム『GEMZ』やBESとのジョイントアルバム『Purple Ability』でも大きな話題を呼んだISSUGIが登場。

BEST BUY 2020 Selected by ON AIR

今回はアートコレクティブON AIRからNONCHELEEE、KYNE、緒方 数馬のベストバイ。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。