BEST BUY 2020 Selected by VIDEOTAPEMUSIC

全世界がコロナ禍に揺れた2020年も、いよいよ年の瀬。今年は皆さんにとってどんな一年になっただろうか。

例年その年の印象的だった出来事を様々なアーティストに訊いてきた本企画。今回は『BEST BUY 2020』と銘打ち、今年購入した中で最も気に入っている品物を、活躍したアーティストやDJ、デザイナーたちに紹介してもらった。今年はこれまで通りの買い物も難しかったが、是非とも来年以降の買い物の参考にしてみて欲しい。

今回は古今東西さまざまなビデオテープをサンプリングして映像と音楽を同時に制作する唯一無二のミュージシャン・映像ディレクターVIDEOTAPEMUSICが登場。

BEST BUY 2020 Selected by VIDEOTAPEMUSIC

三口一品のキムチ(「キム・ギヨン傑作選 BOX」と言いたいところですがまだ届いていないので)

コメント

大久保、福生、池袋…都内でも訪れた先にアジアやその他の海外の食材を扱うスーパーがあるとつい入ってしまい、見慣れぬインスタント麺や謎の調味料をやたらと買ってしまうことが増えました。これは、この2020年に海外などに行くことが困難となった状況とは無関係ではないと思う。三口一品のキムチは中国のメーカーだけど、かなり自分好みのキムチに出会えたって感じだったので常時買ってストックしています。ベストバイというか、オールウェイズバイ。国内のスーパーで買うキムチはどうも甘ったるくて味がうるさい気がするのだけど、これはしっかり発酵食品としての旨味をタイトに楽しめるし、白菜以外にもヨンチェキムチやエゴマキムチやキキョウキムチなど珍しいキムチが豊富なのも楽しい。

2020年印象的だったこと

それぞれ別の企画だけど今年は群馬県館林市と長野県塩尻市に滞在して、その地域のことをリサーチしながら曲作りをしたのは印象的でした。こんな状況なので神経使う部分も多くて気持ち的になかなか大変だったし、うまくいかない部分もあったけど、それも含めて今後に向けて得たものは多かったです。来年はもっと色々な土地に行けるようになると良いですね…。

告知

曲はいくつか作っています。2021年は何かリリースします。

VIDEOTAPEMUSIC

ミュージシャンであり、映像ディレクター。地方都市のリサイクルショップや閉店したレンタルビデオショップなどで収集したVHS、実家の片隅に忘れられたホームビデオなど、古今東西さまざまなビデオテープをサンプリングして映像と音楽を同時に制作している。近年では様々な土地に行って録音されたフィールドレコーディング素材を用いた楽曲制作や、国内外のアーティストとのコラボレーションなども多く行なっている。

VHSの映像とピアニカを使ってライブをするほか、MV制作、VJ、DJなど幅広く活動。映像ディレクターとしてはcero、CRAZY KEN BAND、坂本慎太郎など様々なアーティストの映像も手がける。

映像と音を駆使しながら、時に熱く、時にメロウに、唯一無二のムードを持つエキゾチックなダンスミュージックを作り出している。

カクバリズムからは、2015年にロングセールス中の2ndアルバム『世界各国の夜』、2017年には3rdアルバム『ON THE AIR』、2019年には多数のゲストボーカルを迎えて制作した初の歌モノアルバム『The Secret Life Of VIDEOTAPEMUSIC』などをリリース。

その他にも、国内外のレーベルからリリースされた作品多数。 

related

VIDEOTAPEMUSICがラジオの電波をエディットして作った"On The Air 2020(April 10)"を1年越しにリリース

昨年の緊急事態宣言下での在宅期間にVIDEOTAPEMUSICが深夜ラジオの電波をエディットして作った"On The Air 2020(April 10)"が、1年の時を経て明日4/10(土)にリリースされる。

VIDEOTAPEMUSICによるミックスCD『Hello Stranger』がBLACK SMOKERから登場

ミュージシャン、映像ディレクターとして古今東西の様々なビデオテープをサンプリングして映像と音楽を同時に制作してきたVIDEOTAPEMUSICが、BLACK SMOKERからミックスCD『Hello Stranger』を4/20(火)に発売する。

BEST BUY 2020 Selected by ANI(スチャダラパー)

今回は昨年デビュー30周年を迎えたスチャダラパーからANIが登場。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。