BEST BUY 2020 Selected by Ryohu

全世界がコロナ禍に揺れた2020年も、いよいよ年の瀬。今年は皆さんにとってどんな一年になっただろうか。

例年その年の印象的だった出来事を様々なアーティストに訊いてきた本企画。今回は『BEST BUY 2020』と銘打ち、今年購入した中で最も気に入っている品物を、活躍したアーティストやDJ、デザイナーたちに紹介してもらった。今年はこれまで通りの買い物も難しかったが、是非とも来年以降の買い物の参考にしてみて欲しい。

今回はKANDYTOWNのメンバーであり、11月にメジャーファーストアルバム『DEBUT』をリリースしたRyohuが登場。

BEST BUY 2020 Selected by Ryohu

Restaurant Keiのフランス料理

コメント

年始に初めてフランスに行ったときに、せっかくだからと本場のフレンチを食べに行ったときのもの。写真は前菜とデザートです。
終始最高な時間で、最後に食べたチョコレートは写真を撮り忘れるほどの美味しさでした。レストランケイは日本人シェフのお店で、お店に訪れた数日後に日本人で初めてパリで三つ星を獲得したというニュースを見てより行けてよかったと思いました。

2020年印象的だったこと

1stアルバムのリリースと娘の誕生。

告知

2020.11.25 1st Album『DEBUT』Released

https://jvcmusic.lnk.to/DEBUT

Ryohu

HIPHOPクルー・KANDYTOWNのメンバーとしても活動するラッパー/トラックメーカー。
10代より音楽活動を始める。OKAMOTO'Sのメンバーと共にズットズレテルズとして活動。

2016年、KANDYTOWNとして1st AL『KANDYTOWN』をWarner Music Japanからリリース。
2017年にはソロとして本格始動し、EP『Blur』(2017年)、Mixtape『Ten Twenty』(2018年)を発表。
2019年には5都市にて開催されたソロツアーは大盛況のうちに幕を閉じた。
2020年、GU×SOPH.のコラボレーション・コレクション「1MW by SOPH.」への楽曲提供、イメージビジュアルとしても参加。

Base Ball Bear、Suchmos、ペトロールズ、OKAMOTO'S、あいみょんなど様々なアーティストの作品に客演する。
2020年には、Victor/SPEEDSTAR RECORDSから配信Sg「The Moment」、くるり「ばらの花」をサンプリングした配信Sg「Flower」、1st AL『DEBUT』と立て続けにリリースを重ねる。 

related

【インタビュー】Ryohu 『City Connection』 | 街がアーティストを作る

Manhattan Portageによる都市型音楽プロジェクト『City Connection』が、7/18(日)に恵比寿・LIQUIDROOMで開催する。都会に生きる全ての人たちの日常に彩りをという思いで開催されるこのイベント。

Manhattan Portageによる『City Connection』のイベントが開催決定 | D.A.N.、Ryohu、向井太一、ZOMBIE-CHANGなどが出演

Manhattan Portageによる都市型音楽プロジェクト『City Connection』のイベントが、7/18(日)に恵比寿・LIQUIDROOMで開催されることになった。

Ryohuがくるり、LOVE PSYCHEDELICO、FLYING KIDSをサンプリングしたEP『Collage』をリリース | 東京・大阪でのワンマンライブも決定

Ryohuが昨年11月にリリースしたアルバム『DEBUT』の初回限定盤に同梱していた EP『Collage』が、本日3/24(水)にストリーミングサービスなどでもリリースとなった。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。