【特集】ホリデーギフトに贈りたい3ブランドのコスメアイテム

12月に入りホリデーシーズンが到来!家族や友人、恋人などに向けたギフトはもうお決まりだろうか?先日FNMNLでは、ホリデーギフト提案の一環としてアウターを特集。ただ、単価が高いのでプレゼントする側も貰う側もハードルが高い場合もある。カジュアルに貰って嬉しいプレゼントは、案外コスメとかだったりする。

FNMNL読者は男性の割合が多いが、実際「男性でコスメってどうなんだろう?と疑問を感じる方もいるだろう。株式会社リクルートライフスタイルの調査結果によると、近年男性の美容意識の向上が見られており、スキンケア/ヘアケアはもちろんのこと、健康的な印象に見せてくれる化粧下地やコンシーラーなどのメイクアップアイテムの購入率が昨年に比べて大幅増加しているそう。(余談だが、今年はPharrell Williamsがスキンケアブランドを立ち上げたり、tobi louがスキンケアに奮闘する曲"Skin Care Tutorial 2020"を出したりと、コスメに関心が高いアーティストも意外と多い。)

そこで今回FNMNLでは、「メイクはちょっとハードルが高いけど、コスメには興味がある」という方にもお勧めの、スキンケア/ヘアケア/ボディケアアイテムをピックアップ!ギフト意外でも、自身でチャレンジしてみるのもアリ。また、記事最後のInfo部分に、紹介したアイテムの読者プレゼントもあるので、アンケートに答えて是非応募してみて欲しい。

BULK HOMMEのトラベルセット(スキンケア/ヘアケア)

メンズスキンケアブランドのBULK HOMMEからミニサイズの洗顔料、化粧水、乳液をオリジナルポーチに納めた持ち運び便利なトラベルセットが発売中。朝/晩2回の使用で約5日分と使い切りにジャストなサイズ。また、スキンケアのフルセットということでギフトにもおすすめ。

セットに入っている洗顔料には肌のバリア機能を守り、皮膚の潤いと柔軟性を与える「生せっけん」を採用。保湿力/弾力のある泡で心地良い使用感だ。また、シェービング後の敏感になっている肌でも安心なメントールなどの清涼成分不使用のさっぱり系低刺激化粧水と、ベタつきや重さを抑えたサラッとしたテクスチャーの乳液など、顔のベタつきが苦手な男性にも使いやすい優秀アイテムが入っている。

コスメってフェミニンなイメージがあるけど、BULK HOMMEのアイテムはシンプルかつスタイリッシュなパッケージだから試しやすい。洗面台に並べた時にも様になるし、お手頃な価格なのも嬉しいポイントだ。

こちらもコンパクトで丁度いいサイズ感のトラベルセットのヘアケアバージョン。長時間の移動や環境の違いで気づかない間にストレスを受けている髪と頭皮をいたわってくれるシリーズだ。

オリジナルポーチの中には、宿泊先での使いやすさを重視したワンタッチキャップのチューブ容器に入ったシャンプ ーとトリートメント、使用実感を上げるジェットポンプのミニボトルに入った頭皮用美容液の3製品が入っている。

BULK HOMME

メンズスキンケアのベーシックを追求し、世界中の男性の肌へ新しい価値を提供するブランド。公式オンラインストアのほか、全国1,000 店舗以上の小売店/ヘアサロンにて販売されている。

https://bulk.co.jp/

お問い合わせ

バルクオム / 03-5114-6220

OFFICINE UNIVERSELLE BULYのハンド/フットクリーム

ポマード・コンクレット 75g
¥4,700+tax

良質なシアバターが贅沢に入っており、肌の再生能力に優れていると言われるセサミオイルと、肌を柔らかくするミツロウを組み合わせ、さらに肌荒れを防ぐ効果とお肌の表面を滑らかにするカモミールのフラワーエキスを加えたハンド/フットクリームのポマード・コンクレット。

保湿、角質ケアに加えて髪のキューティクル再生、頭皮のケアにもこれ一本でマルチに使える便利アイテム!ストレスをリセットしてくれるカモミールの優しい香り。

商品購入リンク:https://www.buly1803.com/jp/body-care/207-pommade-concrete.html

ドゥーブル・ポマード・コンクレット 75g
¥5,700+tax

先ほど紹介したポマード・コンクレット(青色のクリーム)の保湿力はそのままに、ヨーロッパで昔から抗菌効果があるとされてきたユーカリとスウィートオレンジのエッセンシャルオイルを加えた、少しリッチなハンド/フットクリームのドゥーブル・ポマード・コンクレット。

エモリエントオイルにより、乾燥でカサついた手、ひじ、ひざ、かかとを持続的に守り、爪に使用すると美しい指先を保ってくれる。こちらもヘアクリームとしても使用可能で、ユーカリとスウィートオレンジの芳しい香りで癒されるアイテムだ。

両方ともパッケージがヴィンテージ感あって洒落てるから、持ち歩きたくなる一品である。

商品購入リンク:https://www.buly1803.com/jp/body-care/17868-double-pommade-concrete.html

OFFICINE UNIVERSELLE BULY

オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリーは、1803 年より、香り、美容法、衛生法の極意を提案してきた総合美容専門店。手書きのカリグラフィーや、豪華なラッピングペーパーに添えるゴールドのイニシャル、石けんに施すモノグラム、櫛や歯ブラシの名入れ刻印サービスなど、様々なパーソナライズサービスにもこだわっており、ブティックとWebサイトで利用可能となっている。

https://www.buly1803.com/jp/

お問い合わせ

ビュリージャパン株式会社 / 0120-09-1803

milbonのヘアオイル

ミルボン ルミナスソフトニング オイル 120ml
コースヘア(普通毛~硬毛向け)
¥3,000+tax ※サロン専売品

シャンプーにはこだわるけど、アウトバスのヘアトリートメントまで使っている人って意外と少ない。そういう自分では買うことが少ないプラスアルファなアイテムを、プレゼントで貰えると意外と嬉しい。そこでヘアケアで有名なmilbonの、少しリッチなヘアオイルをご紹介!

こちらは艶があってサラサラの質感を求める方にオススメのアウトバストリートメントのオイル。指通りが気になる髪に、毛先までツヤやかでなめらかな髪へ導いてくれる。自然の恵みが感じられる爽やかでフローラルの香りもポイント。シンプルなデザインなのも嬉しい。

milbon

グローバルブランドとして2016年にデビューしたmilbon(ミルボン)。ヘアケア全8シリーズに加え、スタイリング剤では「クリエイティブスタイルシリーズ」として全14品の展開しているブランド。

https://www.milbon.co.jp/

お問い合わせ

ミルボンお客様窓口 / 0120-658-894

サロン検索QRコード

Info

読者プレゼント概要

プレゼントアイテム

BULK HOMME THE TRAVEL SET FOR FACE CARE / 5名様

ミルボン ルミナスソフトニング オイル 120ml / 5名様

下記リンクよりアンケートに答えて頂いた方の中から抽選で、掲載ブランドの製品をプレゼント!希望アイテムはアンケート内にてお選びください。

リンク:https://forms.gle/47hK8YNVB5XQERMg6

プレゼント応募期間:12/14〜12/20

プレゼント発送期間:12月下旬

※アンケートで頂いた個人情報は、プレゼント発送にのみ使用させて頂きます。

※当選結果はプレゼントの発送をもってお知らせとなりますので、結果のお問い合わせ等はお答えできかねます。

related

VERDYとメンズケアブランドMAROがコラボレーション|渋谷PARCOでPOP UPが開催

グラフィックアーティストVERDYと、メンズケアブランドMARO(マーロ) がコラボレーションし、ポップアップショップ『VERDY x MARO Collaboration POP UP SHOP』を9月25 日(土) 11:00より渋谷PARCO 1F POP UP SPACEにて開催する。

FIVEISM × THREEがTOKYO DESIGN STUDIO New Balanceのプロダクトをキュレーションした限定アイテムを発売

性別や年齢など既成概念にとらわれない自己表現を提案するコスメティックブランドFIVEISIM × THREEが、今年4月にリリースしたスキンケア感覚で使用できる、新発想のカラーレスUVクリームの限定セットと限定仕様のバッグを、7月21 日(水)より発売する。

【特集】みんなのセルフケア:後編|Cony Plankton、MATTON

アーティストが実際にセルフケアとして愛用しているアイテムと、普段持ち歩いているものをインタビューを通して紹介していく。後編では、Cony Plankton(TAWINGS)、MATTON(PAELLAS / PEARL CENTER)、TENDREが登場。作業中やライブ前のルーティーンなど、パーソナルに迫った話を訊くことができた。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。