加山雄三の芸能生活60周年アルバムのリリースを記念してYOSHIROTTEN、河野未彩など9人のアーティストがデザインしたTシャツを販売

加山雄三の芸能生活60周年を記念したアルバム『DEDICATED to KAYAMA YUZO』が、12/2(水)にリリースされる。

この作品は加山の長年の音楽活動に対するリスペクトの気持ちを込め、甲本ヒロト、つんく♂、奥田民生、BEGINなどが楽曲提供を行った作品。さらにタイトルの「DEDICATED(捧げた)」には、今まで応援してくれたファンの方々へ感謝の気持ちを込めて、この「歌を捧げる」というコンセプトも含まれている。

アルバムリリースを記念しTOKYO CULTUART by BEAMSでは収録された9曲を イメージしたTシャツを期間限定で販売。本アイテムは、それぞれの楽曲に対し、各アーティストがデザインを行なっている。

デザイン:DAISAK 楽曲「いつまでも君を」 作詞/作曲:キヨサク 価格:すべて¥6,000+税

デザイン:渡辺明日香 楽曲「キミの涙」 作詞/作曲:斉藤和義 

デザイン:永瀬由衣 楽曲「愛しのキャンディマン」 作詞/作曲:甲本ヒロト

デザイン:河野未彩 楽曲「愛しの流れ星 」 作詞:Elvis Woodstock 作曲:つんく♂

デザイン:kizm 楽曲「夏のひまわり 」 作詞:前田亘輝 作曲:春畑道哉

デザイン:ogawa yohei 楽曲「ワイキキシェル 」 作詞:比嘉栄昇(BEGIN) 作曲: 上地等(BEGIN)

デザイン: tree13 楽曲「桑港 - San Francisco - 」作詞/作曲:横山剣

デザイン:BLACK BELT JONES DC 楽曲「家においでよ 」 作詞/作曲:奥田民生 

デザイン:YOSHIROTTEN 楽曲「行こうぜBABY! 」 作詞/作曲:真島昌利

参加しているのはYOSHIROTTENや河野未彩などの人気のデザイナーたちだ。また暑がりな加山雄三がジャケットのインナーにTシャツやノースリーブを着ても、ドレスアップしているよ うに見えるために考案し、愛用している「加山の袖」をスタイリストジャパン・大久保篤志監修の元、青山のビスポークテーラーサルトリア・ヤマッチにて制作・再現。付属の巾着袋には、二宮佐和子が本アイテムのためだけに刺繍している。

加山の袖 ¥26,000+税

Info

受注期間:12月2日(水)~15日(火) 

※BEAMS公式オンラインショップ限定受注 サイトURL:https://www.beams.co.jp/news/2242/

related

河野未彩の個展『←左右→』がCALM & PUNK GALLERYにて開催

河野未彩による2回目となる個展『←左右→』が、9月25日(土)〜10月10日(日)の間CALM & PUNK GALLERYにて開催される。

KOSUKE KAWAMURA、GUCCIMAZE、YOSHIROTTENによる初の共同作品展『CHAOS LAYER』がギャラリー月極にて開催

KOSUKE KAWAMURA、GUCCIMAZE、YOSHIROTTENによる合同作品『CHAOS LAYER』の展示がギャラリー月極にて7月30日から8月20日まで開催される。

RAINBOW DISCO CLUBが抗ウイルス機能を備えた素材VIBTEXとYOSHIROTTENとのコラボアイテムを発売

RAINBOW DISCO CLUBが、今年5月1日(土)に神奈川県川崎市・ちどり公園で行われるイベント開催に向け、ウイルスを減少させる素材VIBTEXとのカプセルコレクションを発売中だ。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。