GeGによる新レーベルから第一弾アーティストHiplinのEP『CHOKING』がリリース

変態紳士クラブのメンバーでもあるGeGが新レーベル『Goosebumps Music』をスタート。本日11/11(水)にシンガーソングラターHiplinの1st EP『CHOKING』がリリースされた。

本作には先行でミュージックビデオが公開されている"帰り道 feat. kojikoji"を筆頭に5曲が収録。SoulflexのシンガーであるZINやMa-Muも参加し、ゲスト・ミュージシャンには変態紳士クラブの楽曲にも度々クレジットされているギタリストの山岸竜之介や、チェロの伊藤修平など、様々なミュージシャン達が名を連ねている。

GeGがプロデュースした"帰り道"以外はトラックメイクからレコーディングまで全てHiplinが1人でこなしたセルフプロデュース作品となっている。

さらにキャリア初となるワンマンライブを地元大阪のBigCatにて、Goosebumps Muisc主催で行うことも決定した。

Info

【Hiplin 1st EP『CHOKING』 2020.11.11(水) Digital Release!!】

【収録内容】 ※全 5 曲
1. CHOKING (Prod. Hiplin)
2. パブロ (Prod. Hiplin)
3. イマジン (Prod. Hiplin)
4. No Friend No Life feat. Ma-Nu [Soulflex] (Prod. Hiplin)

5. 帰り道 feat.kojikoji (Prod. GeG) ※先行配信曲中 

配信リンク:https://linkco.re/1UzB8tHt

[ライブ情報]

公演名:Hiplin 1st One-Man Torihada Tour 2021

日程:2/5(金)

会場:BIG CAT(大阪)

開場:18:00 開演:19:00

前売り:3900 円(整理番号あり)

※ご入場の際、別途ドリンク代(¥600)が必要になります。 ※未就学児童は入場不可となります。

*この度、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況に鑑み、また、政府および各都道府県・自治体から 発表されている感染防止措置に関するガイドライン等を考慮した公演となります。 公演前に発表する注意事項をご確認の上、ご来場をいただきますよう、お願い申し上げます。

[最速先行チケット]

11/11(水)19 時 e+にて発売開始。
お問い合わせ:YUMEBANCHI (大阪) 06-6341-3525 <平日 12:00~18:00>

related

GeGの"Merry Go Round feat BASI,唾奇,VIGORMAN,WILYWNKA"のMV再生回数が1000万回を突破 | 記念のスタジオライブムービーが公開

GeGの代表曲"Merry Go Round feat BASI,唾奇,VIGORMAN,WILYWNKA"のMVの再生回数が1000万回を突破したことを記念し、参加メンバーが一堂に会したスタジオライブ映像が公開された。

GeGが自身のレーベルGoosebumps MusicからHiplinとのコラボ曲"Grow Up"をリリースしミュージックビデオを公開

Hiplin、WILYWNKA & kojikojiを迎えた"I Gotta Go"が大きな話題となっているGeGが、自身のレーベルGoosebumps MusicからHiplinとのコラボ曲"Grow Up"を本日リリースしミュージックビデオを公開した。

GeGがkojikoji、WILYWNKA、Hiplinを迎えた新曲"I Gotta Go"をリリース

変態紳士クラブのGeGが、スマッシュヒットした"Merry Go Round feat.BASI, 唾奇, VIGORMAN & WILYWNKA"に続き、ソロ名義の2ndシングル"I Gotta Go feat. kojikoji, WILYWNKA & Hiplin"を3/4(水)にデジタルリリースする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。