Lil Uzi VertとPlayboi Cartiの未発表曲をリークした17歳のハッカーが1000ドル以上の大金を手にした方法を語る

ここ数年、アメリカのラップシーンでは未発表曲のリークが深刻な問題となっている。特にPlayboi CartiやLil Uzi Vertは多くの未発表曲がリークされたことで新作のリリースが遅れるといった被害に遭って来たが、そんな中、彼らの楽曲をリークした者のインタビューが公開されている。

Geniusによると、Lil Uzi VertやPlayboi Cartiの楽曲をリークして1000ドル(約10万4000円)以上を儲けたという17歳のハッカー「Propkers22」のインタビュー記事がViceから公開された。彼はリークで大金を得るコツについて「アーティストと、その曲がいかにハイプか、それとプロダクションによるね」としており、「Robb Bank$、Unotheactivist、Warhol.SSといった小規模なアンダーグラウンドアーティストの場合、曲は100ドルから200ドルで売れる。Swae LeeやLil Yachty、Offsetのような大物アーティストは300ドルから500ドル、時には600ドルで売れるんだ。Young Thug、Playboi Carti、Lil Uzi Vertのような本当に人気のあるアーティストはもっと高くなる。Young Thugの曲は大体700ドルになるし、Lil Uzi VertとPlayboi Cartiの曲は平均で2000ドルにはなるね」と、アーティストごとのリーク楽曲の相場を説明している。

もっとも彼自身が今まで販売した楽曲の最高金額はやや低かったとのことで、「これまでに売った曲の中で一番高かったのはLil Uzi Vertの“Shrooms”で、今年の始めにWorking on Dyingをハックした時に手に入れたんだよ。それは1400ドルで売れた。今最も高値がついているアーティストは、なぜかJuice WRLDなんだよね。たぶん、Juice WRLDのgroup buysにはカルト的な支持者がついているんだろうね」と語っている。ちなみにgroup buysとはオンラインオークションのことであり、Discordのチャットやリークに手を染めた人々によるフォーラムを介して未発表曲が大量に出品されているという。

彼の言動は盗人猛々しいものである一方、アーティストごとの楽曲の値段相場といったアンダーグラウンドの事情はなかなか興味深い。以前Young NudyとPlayboi Cartiによる未発表曲“Pissy Pamper”のリーク音源がSpotifyのバイラルチャートで1位を獲得してしまったこともあったが、レアな未発表音源はどうしても注目を集めてしまうものだ。しかし言うまでもなく、アーティストのためを思えばリークされた楽曲を興味本位で再生することは絶対に控えた方が良い。

Viceによるインタビュー記事の全編はこちらから読むことが出来る。

related

Playboi Cartiの新作『Whole Lotta Red』が完成したことが明らかに

今年4月にリリース予定とされていながら、今日に至るまでリリースされていないPlayboi Cartiのニューアルバム『Whole Lotta Red』。長らくファンから待望されてきた同作が、いよいよ我々の元に届くかもしれない。

Lil Uzi Vertが「27歳までに死のうとしている」との噂が流れるも本人は否定

先週にはFutureとのコラボアルバム『Pluto × Baby Pluto』をリリースし大きな反響を呼んだLil Uzi Vert。そんな彼について、思いもよらぬ噂が流れているようだ。

Don Cannonが「アルバムのデラックス版を出すトレンドはLil Uzi Vertが作った」と語る

今年3月、長く待たれたアルバム『Eternal Atake』をリリースしたLil Uzi Vert。アルバムはファンから大いに歓迎され全米アルバムチャートで初登場1位を記録したが、その僅か一週間後、同作のデラックスバージョンとして2016年のミックステープ『Lil Uzi Vert vs. The World』の続編にもあたる『Eternal Atake (Deluxe) - LUV vs. The World 2』を続けざまにリリースし話題を呼んだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。