Playboi Cartiの未発表音源がアメリカのSpotifyバイラルチャートで1位を獲得

アーティストのリーク音源というのは、ファンにとっては嬉しいものだ。しかし、先日にはLil Uzi Vertの未発表音源がハッカーによりリークされ、彼のニューアルバム『Eternal Atake』のリリースが延期になる可能性が浮上するなど、アーティストとリークの問題は根深い。そんな中、Playboi Cartiの未発表音源がアメリカのSpotifyバイラルチャートで1位を獲得するという珍事が起きた。

今回、リークされたのは“Kid Cudi”という楽曲。Spotifyで1位を獲得した曲はピッチが少し変えられており、“Kid Carti”という題名でアップロードされている。

この楽曲自体は今年の3月辺りからリークされていたようで、上のようなヴィデオも作成されている。実際はCartiとYoung Nudy、Pi'erre Bourneによる“Pissy Pamper”という楽曲らしいのだが、バウンシーなビートにCartiの軽いラップが乗り、いかにも彼らしい楽曲と言える。そんな中、GeniusがSpotifyに“Kid Carti”をリークした張本人Lil Kamboにメールで取材を試みている。

Lil Kamboは“Kid Carti”以外にも未発表音源をシェアしてきたようだが、「俺が最初に自分のSpotifyアカウントを作ったのはSpotify上に無い曲を投稿するためだった」と説明。続けてKamboは「この曲が出る前に、すでにYouTube上にはこの曲の一部が上げられてた。そして俺はこの曲がリリースされればヒットする曲に聞こえたんだ。数週間後、その曲はリークされて、俺はこれがどれだけ大きいものになるかなんて考えず、自分のチャンネルに投稿した。それをPlayboi CartiのRedditにも投稿して、ファンが曲を見つけられるようにした」と今回の経緯を語っている。

すでにSpotify上では200万回以上再生されている同曲だが、Geniusはオフィシャルにリリースされない理由として、サンプルとして使われている1980年に発表された山根麻衣の“黄昏”のクリアランスのためではないかと考察しているようだ。

Carti本人のリアクションはないが、勝手にリークされていることに変わりはないのでアーティストからしたら迷惑極まりないだろう。しかも、リーク音源のアップロードによりLil Kamboが収入を得ているとしたら大きな問題だ。アーティストとリークの問題はなかなか無くならないが、何か良い解決策は無いものだろうか。

related

Playboi Cartiが新作をリリースしなかったことでファンは荒れ、Lil Uzi Vertは煽る

今週月曜、待望の新作『Whole Lotta Red』をリリースすると予告していたPlayboi Carti。先週には先行シングル“@Meh”がリリースされたためファンの間にも期待が広がっていたが、実際には『Whole Lotta Red』は現在に至るまでリリースされずにいる。その結果、Playboi CartiとLil Uzi Vertのファンの間で疑問の声が多く上がっているようだ。

Travis ScottやPlayboi Cartiらに愛されるNYの古着店のインタビュー動画がGeniusから公開

高価なブランド品や最先端のアイテムを多数身につけているラッパーたち。そんな彼らから深く愛される、ニューヨークのチャイナタウンの古着店Unique Hype Collectionのインタビュー動画がGeniusから公開された。

Playboi CartiやLil Uzi Vertの楽曲をストリーミングサービスにリークしていた人物がこれまでに6万ドル以上の収益を得ていたことが判明

以前、Playboi CartiとYung Nudyの未発表曲“Pissy Pamper”のリーク音源がSpotifyに違法アップロードされ、バイラルチャートで1位を獲得してしまうという出来事が起こった。他にもLil Uzi Vertの“Sanguine Paradise”が公式リリース前にリークされてしまうなど、ヒップホップシーンで音源のリークは大きな問題となっている。今回、Pitchforkからリークによってアーティストが受ける損害に迫った記事が公開された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。