Playboi CartiやLil Uzi Vertの楽曲をストリーミングサービスにリークしていた人物がこれまでに6万ドル以上の収益を得ていたことが判明

以前、Playboi CartiとYung Nudyの未発表曲“Pissy Pamper”のリーク音源がSpotifyに違法アップロードされ、バイラルチャートで1位を獲得してしまうという出来事が起こった。他にもLil Uzi Vertの“Sanguine Paradise”が公式リリース前にリークされてしまうなど、ヒップホップシーンで音源のリークは大きな問題となっている。今回、Pitchforkからリークによってアーティストが受ける損害に迫った記事が公開された。

Pitchforkの記事では、Playboi CartiやLil Uzi Vertの音源を違法アップロードしていたユーザーがこれまでに60000ドル(約640万円)以上の収益を得たということを報じている。彼はインタビューに応えており、「Playboi CartiやLil Uzi Vertらの未発表曲をSpotifyやApple Musicにアップロードしたところ、DistroKidとTuneCoreからロイヤリティが支払われた」としている。問題の人物はYung GenというSpotifyアカウントとして知られているが、彼の名義でアップロードされているCartiやUziなどの楽曲が過去にSpotifyのオフィシャルプレイリストに入ってしまったこともあった。

記事によると、DistroKidやTuneCoreなどのサービスを利用するアーティストは通常ストリーミングのロイヤリティをPayPal等を介して受け取ることになっている。利益の計算にはTuneCoreとDistroKidでそれぞれ2ヶ月と3ヶ月の遅延があるため、例えば1月に再生されたぶんの収益は3月や4月に振り込まれることとなる。また、当然ながらそれらのサービスではユーザーが著作権を所有していないコンテンツをアップロードすることが利用規約で禁じられているが、システムの穴をついて違法な音源をアップロードすることは現状難しくないという。

以前Young Thugを手がけるエンジニアのAlex Tumayが、Young Thugの楽曲“High”がリークされてしまった際に「ファンたちはリークを望むべきではない」と語っていた。確かにファンにとって好きなアーティストの楽曲を一足先に聴けるのは喜ばしいことだが、それによって当のアーティスト自身が本来受けるべき収益を受けられていないという現状があることも確かだ。明らかにリークされた音源と分かるものは、アーティストのためにもなるべく聴かない方が良いだろう。

Pitchforkの記事の全編はこちらから読むことが出来る。

related

Lil Uzi Vertのシングル“That Way”のアートワークが剽窃であったという問題が浮上

先日リリースされた待望のニューアルバム『Eternal Atake』も高い評価を受けているLil Uzi Vert。そんな中、先行リリースされたシングル“That Way”のアートワークについてとある問題が発生し話題となっている。

Lil Uzi Vertの新作『Eternal Atake』が全米アルバムチャートで初登場1位に

レーベルとの契約問題、引退騒動など様々な紆余曲折を経てついにリリースされたLil Uzi Vertの最新作『Eternal Atake』。ファン待望のアルバムとあって大きな話題を呼んだ同作が、チャート上でも大きな成果を上げたことが明らかになった。

Lil Uzi Vertの待望のニューアルバム『Eternal Atake』のトレイラーが公開|アートワークもファンの投票により決定

2018年より2年越しに待たれ続けているLil Uzi Vertの新作『Eternal Atake』。昨日アルバムの先行曲“That Way”がリリースされ、続いて新曲“Baby Pluto”も予告されている中、ついに『Eternal Atake』のトレイラームービーが公開された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。