PHINGERINが2021 SSのLOOKを公開 | テーマは「裸の庭」

PHINGERINが2021 SSのLOOKを公開した。

LOOKのテーマは「裸の庭」。柄本時生をモデルにホームガーデンで撮影され、オーガニックなイメージと、ミニマルなモダンさとどちらも感じるようなイメージのコレクションとなっている。

ボートネックのフライトジャケットやシースルーのコート、オリジナルのボーダーや、総柄パターン、パジャマにも’PAJALOPHA’という新型のショートパジャマシリーズを追加するなど、幅広くリニューアルしている。

撮影はTeppei Hoshida、スタイリングはTEPPEI、ヘアメイクはTaro Yoshidaが手掛けた。

Info

https://phingerin.com/collection/season/2021ss

Model: Tokio Emoto

Photo: Teppei Hoshida

Styling: TEPPEI

Hair : Taro Yoshida

related

PHINGERINが2021-2022 AWシーズンのLOOKを公開

PHINGERINが’21-22 AUTUMN/WINTERシーズンのコレクションLOOKを公開した。

PHINGERINがイギリスのシューズメーカーGEORGE COXとの共同制作モデル「TIME MACHINE LOAFER」を発表

PHINGERINがイギリスの伝統的なシューズメーカー、GERORGE COXのチェーンローファーを自由にデザインした共同制作モデル「TIME MACHINE」を発表した。

PHINGERINの新アイテム「マスクケーブル」が大好評で全国展開をスタート

PHINGERINは3月にオリジナルのパジャマの残生地を使ってマスクを制作、自身のオンラインショップで販売し大きな反響があった。これは元々秋冬で展開する予定のアイテムだったが、新型コロナウイルスの感染状況もあり、急遽販売したものだった。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。