Kendrick Lamarが所属レーベルTDE離脱についての噂を否定

昨日、Kendrick Lamarがキャリアの当初から拠点としてきたレーベルTDEを離脱するのではないか、とのが流れ、ファンに衝撃を与えていた。この噂に対しレーベルの社長であるPunchはミステリアスな反応を示し肯定も否定もしていなかったが、今回、Kendrick Lamar本人が噂を否定するような声明を出している。

XXLによると本日、TDEの公式InstagramにてKendrick Lamarのメッセージを伝える動画が公開された。

View this post on Instagram

a PSA from Kendrick Lamar. #TDE

A post shared by TOP DAWG (@dangerookipawaa) on

彼は子供向け番組『ブルーズ・クルーズ』のキャラクターのぬいぐるみの姿を借り、「Top、彼らが俺の名前を汚すのを止めてくれよ。あいつらは年中俺の名前を汚しているんだ。お前も何も言ってくれない。もう充分だ。俺がレーベルを脅かしているって言われるのはな」と、半ばジョークのような形でレーベルからの離脱を否定した。また同じ投稿にてKendrickとTopの2ショットも公開されているため、彼とレーベルとの間の関係が悪化したという説を否定する意図も含まれているようだ。

Kendrickはマネージャーを務めるDave Freeが立ち上げたpgLangという会社に移籍することが噂され、TDE側はpgLangの立ち上げについて知らされていなかったことで両者の間に緊張が走っているとの事情も伝えられた。しかし今回TDEがそれらの噂を否定する旨を発表したことから、当分の間Kendrickの離脱は無いものと考えるのが妥当なのだろう。

またKendrick Lamarが今年アルバムをリリース予定だったとの噂も流れているようだが、彼の音楽面での今後の動きにも注目して行きたい。

related

Kendrick Lamarが新作のリリースに時間がかかる理由を語る

長らく新作のリリースを待たれていながら未だ実現に至っていないKendrick Lamar。先日は所属レーベルTDEからの離脱の噂が報じられ(後に否定)話題を呼んだが、今回、そんな彼がインタビューの中で新作や新会社pgLangについて語っている。

Kendrick Lamarが所属レーベルのTDEを離脱するとの説 | TDEのボスPunchも反応

今のヒップホップシーンを代表するラッパーであるKendrick Lamarがこれまで蜜月を共にしてきたレーベルTDEを離脱するという噂がソーシャルメディアで広がっている。

故コービー・ブライアントの誕生日を記念するNikeのCMでKendrick Lamarがナレーション | より良く生きることを追求することの大切さを説く

今年1月、事故が原因で惜しまれながらこの世を去ったNBAプレイヤーのコービー・ブライアント。そんな彼が生きていれば42歳の誕生日となるはずであった8月23日、NIKEが彼を追悼するCMを公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。