Kendrick Lamarが所属レーベルのTDEを離脱するとの説 | TDEのボスPunchも反応

今のヒップホップシーンを代表するラッパーであるKendrick Lamarがこれまで蜜月を共にしてきたレーベルTDEを離脱するという噂がソーシャルメディアで広がっている。

この噂はTDEとは無関係であるものの、レーベルのリリース情報をリークしてきたアカウントAntixboundのInstagram Liveを端緒にしたもの。上記のツイートによればAntixboundはInstagram Liveにおいて、KendrickとマネージャーのDave Freeが立ち上げた新会社pgLangにKendrickも移籍し、Baby KeemやJorja Smithなども加入するという。

またTDE側はpgLangの存在についてKendrickから知らされていなかったため、両者の間で緊張関係が走っているという。

これに対しTDEの社長のPunchはTwitter上で、「呆れてものが言えない。ミステリアスで曖昧な態度もツイートで取れなくなった」と、この噂についてリアクションをとった。

さらにPunchは「真実が靴を履く前に、噂が中途半端な形で世界を駆け巡っている」とミステリアスなレスポンスをしている。

まだどちらの主張が正しいかは不明の状態だが、Punchのこのツイートを見る限りTDEからKendrickが離脱することはないのだろうか。もしくは実際に離脱はありうるのだろうか。

AntixboundによればKendrickは今年アルバムを既にリリース予定だったが、新型コロナウイルスの影響でリリースが遅れているということだ。このリリース後に今後の動きも決まってくるのだろうか。なんにせよ注視が必要だ。

related

Kendrick Lamarが新作のリリースに時間がかかる理由を語る

長らく新作のリリースを待たれていながら未だ実現に至っていないKendrick Lamar。先日は所属レーベルTDEからの離脱の噂が報じられ(後に否定)話題を呼んだが、今回、そんな彼がインタビューの中で新作や新会社pgLangについて語っている。

Kendrick Lamarが所属レーベルTDE離脱についての噂を否定

昨日、Kendrick Lamarがキャリアの当初から拠点としてきたレーベルTDEを離脱するのではないか、との噂が流れ、ファンに衝撃を与えていた。この噂に対しレーベルのボスであるPunchはミステリアスな反応を示し肯定も否定もしていなかったが、今回、Kendrick Lamar本人が噂を否定するような声明を出している。

故コービー・ブライアントの誕生日を記念するNikeのCMでKendrick Lamarがナレーション | より良く生きることを追求することの大切さを説く

今年1月、事故が原因で惜しまれながらこの世を去ったNBAプレイヤーのコービー・ブライアント。そんな彼が生きていれば42歳の誕生日となるはずであった8月23日、NIKEが彼を追悼するCMを公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。