Stone Islandの歴史を集約した書籍『STONE ISLAND: STORIA』が刊行

1982年にイタリアで設立されて以来、最先端のアウターウェアとして世界中において熱狂的なファンを獲得してきたブランドStone Island。単なるファッション、ラグジュアリー、ストリートウェアではなく、それら3つの要素を独特な形で融合させ、ミラノのパニナリやイギリスの熱狂的なサッカーファン、そしてアメリカのヒップホップファンの心を掴んできた。

OasisのGallagher兄弟やTravis Scott、サッカーのペップ・グアルディオラ監督などにも支持されてきたブランドだが、そのカルチャーの基盤は、セレブリティの評価によって作りあげられたわけではなく、ブランドのパフォーマンスとタフネスをいつも近くで理解してくれる熱烈なファンによって築き上げられてきものだ。

卓越したデザインを生み出すことへの究極のこだわり、生地への加工と染色実験に対する妥協のない姿勢により、独自の地位を確立したのだ。

そのブランドの核にあるものの歴史と気風を集約した書籍『STONE ISLAND: STORIA』が刊行される。

© Stone Island: Storia, Rizzoli New York, 2020
© Stone Island: Storia, Rizzoli New York, 2020
© Stone Island: Storia, Rizzoli New York, 2020
© Stone Island: Storia, Rizzoli New York, 2020

本書ではこれまで非公開だった写真が惜しげもなく掲載され、気鋭のファッションジャーナリストやライターによるコメントも収録している。

© Stone Island: Storia, Rizzoli New York, 2020
© Stone Island: Storia, Rizzoli New York, 2020
© Stone Island: Storia, Rizzoli New York, 2020
© Stone Island: Storia, Rizzoli New York, 2020

イントロダクションはクリエイティブディレクターで会長のカルロ・リヴェッティ、まえがきはイタリアで最も影響力のあるファッションジャーナリストの1人であるアンジェロ・フラカヴェントが執筆している。スリップケースと歴代のStone Islandのバッジのポスターが付く特装版は、Stone Islandの店舗およびウェブサイト限定で販売される。

Info

アイテム名: STONE ISLAND: STORIA

発売日:2020/10/06
販売価格:通常版 オープンプライス / 特装版 10,200円 (税抜き)
販売店舗: 通常版 Rizzoli 取扱い書店等 / 特装版 Stone Island Tokyo
STONEISLAND.COM
問い合わせ先: STONE ISLAND(カナ:ストーンアイランド)03-6271-4654 www.stoneisland.com

related

GEZANのマヒトゥ・ザ・ピーポーが初のエッセイ集『ひかりぼっち』を刊行

GEZANのフロントマンであり自主レーベル・十三月の運営、フリーフェス『全感覚祭』の主催や映画出演など、ボーダーレスな活動で注目を集めるマヒトゥ・ザ・ピーポーが初のエッセイ集『ひかりぼっち』を、11/17(火)に刊行する。

現代のアメリカのポップミュージックに迫る高橋芳朗による書籍『ディス・イズ・アメリカ 「トランプ時代」のポップミュージック』が刊行

音楽ジャーナリスト/選曲家として活躍する高橋芳朗による新刊『ディス・イズ・アメリカ 「トランプ時代」のポップミュージック』が刊行された。

名機「TR-808」のプロジェクトリーダー菊本忠雄が日本の電子楽器史を語る書籍が発売決定

世界の音楽シーンを変えたドラムマシーン「TR-808」のプロジェクトリーダーとして知られる菊本忠雄。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。