KOJOEがRudebwoy Faceとのコラボ曲"it's all deuce"をリリース

KOJOEがこれまでもコラボ曲をリリースしているRudebwoy Faceとの最新チューン"it's all deuce"を、本日9/9(水)にリリースしミュージックビデオを公開した。

Bob Marleyの名曲をカバーした"No Waman No Cry"でも抜群の相性の良さを見せていたKOJOEとRudebwoy Faceの新曲は、プロデュースには福岡から注目を高めているNARISKを迎え、夏の終わりを感じさせるレイドバックなビート上に、2020年の長いようで短い夏を生き延びれた喜びを祝福するかのようなポジティブでストレートな歌詞が心に響く1曲。

ミュージック・ビデオはKOJOE自身が手掛け、5lack、田我流、Daichi Yamamoto、ISSUGI、仙人掌、Awich、B.I.G.JOE、RITTO、¥ellow Bucks、MuKuRo、Buppon、JASS等など様々なピースを集めたハートフルなMVに仕上がっている。

「it’s all deuce!!長くて短い半年でしたね、みんな本当にお疲れ様。同業者も飲食やアパレル、個人営業で何十年も頑張ってきた先輩方なんとか堪えて欲しい。そんな思いも込めてRudebwoyとこの曲を作りました。deuceはスラングで数字の”2”、2を掲げるとピース。「it’s all “ピース”」=「it’s all good」って事です。生きていればなんとかなる。少しの時間だけ、この地球に生まれた奇跡だけでも素晴らしいと思うようにやっとこの年になって思える様になった事に感謝したい。家族や友人や仲間に大声で言いたいI love y’all!!!」(KOJOE)

Info

最新シングル「it's all deuce feat. Rudebwoy Face」

配信リンク:
https://linkco.re/6NbEQzcX

related

Kojoe、B.D.、ELIONE、¥ellow Bucksが参加し、Statik Selektahがプロデュースした新曲"T.K.N.Y."のミュージックビデオが公開 | NYのブランドTHUMPERSとManhattan Recordsのコラボ企画

日本でも人気を博したNYのストリートブランド・ショップALIFEのデザイン・ディレクターを務めていた Jesse Villanueva が、今までの経験やファッションシーンを駆け抜けた過去から立ち上げた自身のブランドTHUMPERS(サンパース)と、今年で創業40周年を迎える渋谷宇田川町の老舗レコードショップ/音楽レーベルManhattan Recrodsがコラボしたアイテムを発売。

KojoeがNYのブーンバップを軸にした最新EP『23』をリリース|収録曲"FIND OUT feat. JASS"のMVも公開

2020年に入りOlive OilとBob Marleyの名曲"No Woman No Cry"のカバー曲リリースや、Red Bullの人気企画『RASEN』に¥ellow Bucks、Eric.B.Jr、MIYACHIと共に出演、他にもBUPPONやMuKuRo等のプロデュースワークスを手がける...

ISSUGIの最新アルバム『GEMZ』からBUDAMUNKのプロデュースでKojoe参加の“再生”のMVが公開

ISSUGIの最新アルバム『GEMZ』からBUDAMUNKのプロデュースでKojoe参加の“再生”のMVが公開された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。