PHINGERINの新アイテム「マスクケーブル」が大好評で全国展開をスタート

PHINGERINは3月にオリジナルのパジャマの残生地を使ってマスクを制作、自身のオンラインショップで販売し大きな反響があった。これは元々秋冬で展開する予定のアイテムだったが、新型コロナウイルスの感染状況もあり、急遽販売したものだった。そしてそれに付随するアイテムとしてマスクを取り外せて首にかけておけるケーブルも登場、こちらも多くの問合せがあったため、7/10(金)から順次、Beauty&Youthを含めた取扱店、PHINGERIN SHOP ONLINEなどで販売されることになった。

 

マスクケーブルはマスクを取り外せて首にかけておける仕様となっていて、着ている服のチョイスに影響を与えないようなものとして制作された。

伸縮性・耐久性・耐油性のある透明のポリウレタン紐と、ニッケルフリーメッキの金具を使用。天然ゴム素材アレルギーや金属アレルギーの心配もないという。できるだけ軽く細いものを採用したことで装着時の存在感もなく、洋服の邪魔にならず、肩へのストレスにもならないという優れものだ。

これから夏に向けてマスクをしなければいけないけれど、必ずしも着けなくてもいいシチュエーションもあるはず。そんな時に役立ちつつファッションアイテムとしても成立するマスクケーブルはマストなアイテムになるだろう。

Info

品番 :
PD-202-NA-091
商品名 :
Mask Cable
上代 :
1400円(+税)
第1 デリバリー :
7月10日
組成 :
ポリウレタン/真鍮(ニッケルフリー)
*缶バッジおまけ付き (5色のうちいずれか1つがアソートで付属)
生産国 :
日本

https://phingerin.com

related

クラウドファンディングを実施中の下北沢SPREADが再始動 | オープニングシリーズの暫定プログラムとラインナップも発表

今年2月にオープンしたばかりの下北沢のクラブ/ライブスペースのSPREADは、数回の営業の後、新型コロナウイルス感染症拡大による政府からの自粛要請を受け、営業自粛となった。

9月に予定されていた『SUPERSONIC』が2021年に開催延期

9/19(土)~9/21(日)に開催を予定していた『SUPERSONIC』が、新型コロナウイルス感染症に関連して、海外アーティストの来日の見通しが立たないことや、最近の感染拡大状況を受けて来場者・アーテ ィスト・スタッフの安全を確保しての開催が難しいという判断に至り、2021年に開催を延期することになった。

アーティストの2人に1人がコロナ禍でアーティスト活動を諦めようとしていたことがアンケートで明らかに

バドワイザーは新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、未曾有の危機に直面している音楽・ファッション・アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト『RE:CONNECT』をスタートさせたが、合わせて全国のカルチャーに携わるアーティストを対象に、「コロナウイルスと制作に対しての意識調査」を実施した。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。