KojoeとADD CREATIVEによるコラボ曲"Bye Girl"がリリース | ミュージックビデオも公開

福岡のビートメイカーNARISKと映像作家のCOTA ONO、ショップディレクター兼DJのOGAによる音楽プロデューサーチームADD CREATIVEとKojoeのコラボ曲"Bye Girl"がリリースされ、ミュージックビデオも公開となった。

本人の実話がそのまま歌詞となっている本作は、Kojoeなりの「決別」がNARISKのスローでエモーショナルなトラック上でストレートに表現されており、悲しみの中に希望の光と優雅さを感じ取ることができる。

ミュージックビデオの監督はADD CREATIVEのメンバーで映像作家のCOTA ONOが担当。撮影はアムステルダムの街並みをバックに行われている。

Info

Kojoe「Bye Girl」
2020.6.29 release

DL/Streaming⇒ https://linkco.re/hU6nT97U

1. Bye Girl
2. Bye Girl(Instrumental)

related

KOJOEが盟友MONJUを迎えた新曲"good day"をリリース

東京、大阪、沖縄に拠点を構え日々制作に向き合うKOJOEが、これまでに幾度も共演を重ねてきたMONJUを迎えた新曲"good day"を本日9/16(金)にリリースした。

【インタビュー】KOJOE × BUPPON × ZIN 『Scent』 | 日本のラップとソウルを再び合流させるきっかけに

ップと歌を自在に操るプレーヤーであり、近年はプロデューサーとしても活躍するKOJOEが、自身の愛するゴリゴリのラップと、スイートなソウルを掛け合わせたアルバム『Scent』を、ラッパーのBUPPONとシンガーのZIN(Soulflex)とともに作り上げた。

KOJOEがBUPPONとZINとのアルバム『Scent』をリリース

東京、大阪、沖縄に拠点を構え日々音楽に向き合う生活を送るKOJOEが、これまでに幾度も共演を行ってきたBUPPONと、アーティストコレクティヴのSoulfrexに所属し、優しさと美しさを兼ね備えた歌声を持つZINを迎えたアルバム『Scent』を4/6(水)にリリースする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。