Monte BookerとSminoによる2015年の楽曲“Kolors”がTikTok上で突如バイラルヒット

Lil Nas Xの”Old Town Road“やRoddy Ricchの“The Box”などを例に挙げるまでもなく、TikTokをきっかけに楽曲がバイラルヒットしチャート上位を上げることはもはや当たり前の事となりつつある。中には最新の楽曲だけでなく過去の楽曲が再発見され流行を見せることもあるが、今回、シカゴのプロデューサーMonte BookerとSminoによる2015年の楽曲“Kolors”がTikTokでバイラルヒットしている。

“Kolors”は2015年にSoulectionから発表されたMonet BookerのEP収録の楽曲。TikTokではSminoのラップに合わせてダンスをする動画が流行している。

Geniusの記事によると、流行のきっかけになったのはRyan Daniel(@kvng.ryyy)というユーザーが投稿した動画。この動画は現在1000万回以上の再生を記録しており、この振り付けをもとに“Kolors”に合わせたダンスを投稿するTikTokユーザーが多発することとなった。

@kvng.ryyyDay 1 trynna make my dance a trend @_gabefernandez is the ending certified???😂 ##dance ##viral ##foryou DC: Meee♬ Kolors - Monte Booker & Smino

他にも@goopieというユーザーが投稿した動画が2800万回以上の再生回数を記録し、“Kolors”のムーブメントにますます勢いがつく形となっている。現在TikTokには“Kolors”のオーディオクリップを用いた動画が500万以上投稿されているようだ。

@goopie♬ Kolors - Monte Booker & Smino

“Kolors”のミームはTikTokを飛び出しTwitterやInstagramにも拡散。この結果、現在Spotifyでは“Kolors”がUSバイラルチャートの19位にランクインする事態となっている。

Monte Booker自身はTwitterにて「5年前の曲を聴いて、TikTokが僕のことを”好きなラッパー“だって言ってて泣いてるよ。TikTokは”Kolors“にSminoを早くクレジットしないとね」と、過去の楽曲が支持されていることに感謝を述べつつも、TikTokにSminoのなめがクレジットされていないことから自身が“Kolors”でラップしていると勘違いされてしまったことを明かしている。

TikTokの公式オーディオに追加された楽曲は、思わぬきっかけで爆発的なヒットを見せることがしばしばある。過去にはRihannaがTikTokユーザー専用の拠点を設立するなど、TikTokが流行の発信源となり音楽シーンにも大きな影響を与えつつある現状が、今後どう発展してゆくのか気になるところだ。

related

【インタビュー】ローカルカンピオーネ(from LC)|TikTokとダンスで日本のヒップホップを広げる

彼らに、TikTok上で一般の人があまり聴かない日本のコアなヒップホップを起用している理由や、TikTokのためのダンスの振付け、バズらせる秘訣などを訊いた。

【特集】TikTok発のバイラルヒットについてアーティストはどのように考えているか

今回はTikTokをきっかけにバイラルヒットした国内のヒップホップソングの一部を紹介していく。更に、楽曲を制作したアーティストや、楽曲を使用したTikTokerにミニインタビューを行った。

TikTokで活動する10代のインフルエンサーがAshantiの“Foolish”を自身の曲として発表し炎上

10代を中心に広く親しまれ、今や音楽シーンにとっても無視できないプラットフォームとなったTikTok。ビデオに使用された楽曲がバイラルヒットし、またTikTok発のインフルエンサーやセレブも多く現れている中、10代のTikTokスターがとある騒動を巻き起こしたようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。