RihannaがTikTokユーザー専用の拠点「Fenty Beauty TikTok House」を設立

ニューアルバムのリリースを待たれながら自身のブランドFenty Beautyでも大きな成果を上げているRihanna。そんな彼女が、なんとTikTok上で活動するインフルエンサー専用の拠点を設立し話題を呼んでいる。

Complexによると、RihannaはLAに「Fenty Beauty TikTok House」と名付けた施設をオープン。そのローンチパーティが開催され、「私たちは初めてオフィシャルのFenty Beauty TikTok homeに立っている。コンテンツを作る新しいクリエイターたちのために、プラットフォームを作りたかったの。私たちの世代は一番ヤバくて、イルで、クリエイティブだと思う。でも私一人では出来ない。だから世界やコミュニティ、世代に影響を与えている人たちに参加したい。ここが中心地だよ」とのスピーチが彼女によって行われている。

Fenty Beauty TikTok Houseには既にTikTok上で支持を集めるインフルエンサーたちが訪れているようで、#fentybeautyhouse とのハッシュタグと共にヴェニューの中の様子がアップロードされている。Fenty Beautyのアイテムが並ぶラグジュアリーな空間となっているようだ。

@fentybeautyY’all ain’t ready! Announcing the ##FENTYBEAUTYHOUSE featuring @emmycombss @makayladid @savpalacio @challxn @thedawndishsoap ‼️♬ TOES - DaBaby

@yodelinghaley@challxn ##fentybeautyhouse dc: @mighty_bay♬ Need A Freak (feat. Huncho Da Rockstar, K.Blasst, Number9ok) - Mighty Bay

RihannaがTikTokと共にどのような動きを作ってゆくか、今後も注目である。

related

【特集】TikTok発のバイラルヒットについてアーティストはどのように考えているか

今回はTikTokをきっかけにバイラルヒットした国内のヒップホップソングの一部を紹介していく。更に、楽曲を制作したアーティストや、楽曲を使用したTikTokerにミニインタビューを行った。

TikTokで活動する10代のインフルエンサーがAshantiの“Foolish”を自身の曲として発表し炎上

10代を中心に広く親しまれ、今や音楽シーンにとっても無視できないプラットフォームとなったTikTok。ビデオに使用された楽曲がバイラルヒットし、またTikTok発のインフルエンサーやセレブも多く現れている中、10代のTikTokスターがとある騒動を巻き起こしたようだ。

Rihannaが昔のA$AP Rockyのファッションセンスを対談でディスる

仲良しで知られているRihannaとA$AP Rockyが、GQのリモートインタビュー企画に登場。Rihannaからの18の質問にA$AP Rockyが回答している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。