Rihannaが謎の動画と共に「次のアルバムを自分で聴いて、リリースをやめた」と発言

2016年にリリースされた『ANTI』に続く9枚目のアルバムが待たれ続けているRihanna。昨年より「レゲエアルバムを制作中」ということだけが判明していたが、今回、彼女の新作を待っているファンにとって残念なニュースが飛び込んできた。

Complexによると、Rihannaは今日Instagramに一本の動画を投稿。可愛らしい白い子犬がHouse Of Painのクラシック“Jump Around”を聴いてバウンスする謎の内容となっており、キャプションには「最新情報:9枚目のアルバムを自分で聴いてみて、リリースすることをやめた」と綴られている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

update: me listening to R9 by myself and refusing to release it

badgalriri(@badgalriri)がシェアした投稿 -

投稿からはアルバムの制作を行ってはいたものの暗礁に乗り上げてしまったことだけが伝わり、具体的なリリースの日にちや内容などは一切が不明なままである。

今年10月に公開されたVogueによるインタビューでは「9作目はレゲエにインスパイアされたアルバムになる」とした上で、彼女自身が「次の段階に進化するもの」とであるという10枚目のアルバムも同時に制作中であると明かしていたRihanna。しかし、音楽活動だけでなくLVMH傘下のブランドFentyの運営など数多くの仕事を抱える彼女だけに、制作に時間がかかってしまうことも仕方ないのかもしれない。

相当な労力をかけて制作されているRihannaの9thアルバムが、リスナーの元に届く日はいつになるのだろうか?

related

RihannaとJay-Zが新型コロナウイルス被害の救援のため200万ドルを寄付

世界的に猛威を振るい、各国でロックダウンが行われるなど深刻な被害を出している新型コロナウイルス。経済的な意味でも打撃を与えている中、Jay-ZとRihannaが救援のために寄付を申し出たことが話題を呼んでいる。

Rihannaがインタビューで新作について「積極的に取り組んでいる」と明かす

2016年リリースのアルバム『Anti』以来長くアルバムをリリースしていないRihanna。「レゲエアルバムになる」という噂のみが明らかになっている9枚目のアルバムについて、彼女が制作を進めていることを改めて明かしている。

RihannaがTikTokユーザー専用の拠点「Fenty Beauty TikTok House」を設立

ニューアルバムのリリースを待たれながら自身のブランドFenty Beautyでも大きな成果を上げているRihanna。そんな彼女が、なんとTikTok上で活動するインフルエンサー専用の拠点を設立し話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。