Rihannaのレゲエアルバムには豪華ラインナップが参加か?

2016年にリリースしたアルバム『Anti』がロングヒットを記録し、現代を代表するディーヴァであることを我々に改めて認識させたRihanna。リリースから2年経った今でも『Anti』を聴いている人は少なくないはずだ。

今年の5月にVogueのインタビューに登場したRihannaは自身9枚目のアルバムとして、レゲエアルバムを制作中であることを明かしていたが、続報が入ってきた。

Rolling Stoneによると、Roc NationそしてRihannaのチームは今、提供された500個にも及ぶトラックのなかから、アルバムに使用するものを10個選ぶ段階に入っているとのこと。

Rihannaのチームの元には多くの著名な音楽プロデューサーからトラックが持ち寄られたようだ。

たとえば、これまでDrakeやNicki Minajに楽曲を提供してきたSupa Dupsや、BeyonceをプロデュースしたことのあるR.City、そしてSkrillexなどからトラックが提供されたらしい。

その他にも、今回のアルバムがダンスホールアルバムというだけあって、Vybz KartelやSean PaulをプロデュースしてきたStephen“Di Genius”McGregorなど、レゲエやダンスホールシーンのプロデューサーに加え、KraniumやChronixxなどのレゲエシンガーからの提供も多いようだ。

『Anti』に収録されスマッシュヒットを記録した“Work”を筆頭に、これまでも何度かレゲエ・ダンスホール感の強い曲に参加してきた彼女なので、どんなトラックにでも合わせることはできそうだが、500から10に絞るのはなかなか大変そうである。

完成時期などの詳しい情報はまだ明らかになっていないが、是非夏にリリースして欲しいものだ。

RELATED

RihannaがBET Awards受賞式でトランプ大統領の移民政策を批判

トランプ大統領がアメリカ大統領に就任して以来、移民に対して強硬な政策が取られているのはご存知の通りだろう。先週には移民税関局(ICE)に対し不法移民2000世帯の一斉検挙と強制送還が指示され大きな批判を呼んだが、そのような状況に対し、明確にトランプや共和党に反対する立場を表明しているRihannaが...

Rihannaがインタビューで「今誰と付き合ってるの?」と聞かれ「ググれ」と答える

今週月曜日に公開された、Insterview MagazineによるRihannaのインタビュー。ヒョウ柄の全身タイツなどをスタイリッシュに着こなしたスタイルもさることながら、インタビュアーに対する豪快な回答が話題となっている。

Rihannaが史上最も稼いだ女性アーティストになったことが明らかに

最近ではアラバマ州の妊娠中絶禁止法に抗議し、また自身のブランドFenty Beautyのショップで警備員に万引きを疑われたSZAにギフトカードをプレゼントしたことでも話題となったRihanna。そんな彼女が今回、史上最も稼いだ女性アーティストになったことが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。